DNSサーバー構築

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DNSサーバーを構築した。

Apacheサーバーを立ち上げると、外部にウェブページを公開できる。

そして、独自ドメインサービスでドメインとネームサーバーを自宅サーバー向けに設定することで、http://www.sample.comといったドメインで、自宅サーバーで公開しているウェブページが見れるようになる。

しかし、ネット内部からは、ドメインを入力してもページが見つけられない。独自ドメインの設定はネット外部でしか有効でないからだ。※ただし、http://(IPアドレス)なら内部からも見れる。

ネット内部向けにDNSサーバーを立ち上げると、ネット内部からもIPとドメインの変換(IPアドレス⇔http://www.sample.com)ができるようになる。

http://kajuhome.com/bind.shtmlを参考に、DNSサーバーをインストール&設定を順番に行った。

設定するファイルが多いので、間違えないように慎重に設定を行う。

chrootは絶対に後からインストールする。
でないと、パスが変わるので、混乱するので注意。

+++

【メモ】

無停電電源装置(UPS)を導入する際、サーバーをシャットダウンした。
再立ち上げしたところ、DNSサーバーがうまく動いていなかった。

色々調べていると、www.sample.com.wanファイルの記述ミス。
おそらく、DNSサーバーを立ち上げてから、ファイルを編集したのだと思う。DNSサーバーを再立ち上げしないかぎり、編集後の設定は有効とならないので、気がつかなかったのだろう。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です