スキー検定(バッジテスト)2級に受かるスキーの滑り方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

実は、私は検定の直前まではすごくヘタクソだった。

検定に受けると決めてから、色々滑りを変えて、本当にギリギリになって、納得のいく滑りができるようになった。

細かい技術論は私には分からない。
そこで、私の滑りの変遷を、ビデオを交えて紹介したいと思う。

「ぱっと見それなりにかっこよく滑れて、バッジテスト2級に受かるための滑りを習得したい」
という方には参考になると思う。

【2007年2月】
検定受験の一年前の滑り

それなりにターンしている。しかし、体重が乗っておらず、軽い滑りとなっている。

このころは、スキーのエッジを利用したカービングターンに全面的に頼っていた。

【2008年2月】
検定受験の一ヵ月前の滑り

体重を乗せるため、上体を前傾してつじつまを合わせようとしていた。

このビデオを見た上級者の方(mixiの基礎スキーフォーラム)から、体が開いていて、腰が外れていると指摘を受けた。

【2008年3月】
検定受験の一週間前の滑り

これまでのビデオを良く見たところ、外足を加重する方法を間違えていたことが分かった。

「体の真横に足を伸ばして加重」のつもりが、実際は体の斜め後ろに足を伸ばしていた。体が開き腰が乗らない原因はこれだった。

対策として、

・ブーツの買い替え
履いていた初心者用のブーツが柔らかすぎて、強い外足加重に対して足首が曲がってしまっていた。
中上級者用Salomon Falcon XT(フレックス90)を購入した。

・プルーク練習
プルークから練習し、パラレルは「プルークの足が限りなく平行に近づいたもの」と念じながら、次第に足をそろえて滑った。

【2008年3月】
検定受験の4日前の滑り。

腰がスキーの板の上に乗るようになった。

新しいスキー靴は、始めはエッジを取られることが多かった。慣れてくると強い荷重でも靴が踏ん張ってくれため、安定かつ楽に滑れることが分かった。

外足を積極的に前に動かし、円弧を描くターンに仕立てた。

+++

私の場合、一番のポイントは、ビデオ研究と上級者からのアドバイスだった。

多分、どちらが欠けてもここまでは来れなかっただろう。

身近に上級者がいない場合は、私も参加しているmixiの基礎スキーコミュニティがお奨め。

動画をアップすると、1級以上を持つ上級者の方からアドバイスをもらえる。
すばらしいコミュニティだ。

私も人にアドバイスできるくらいのレベルになりたいなぁ。

【今日のわかった♪】

  • ・客観的に自分を見つめ、自分を知る勇気と手段を手に入れる
  • ・他人からのアドバイスは、何物にも勝る贈り物
  • ※私が参考にした教本
    新・スキー検定1・2級合格マニュアル (DVD BOOKシリーズ)
    検定の滑りの基本がみっちり書いてある。

    カービングスキーの滑走性を生かした、今風の滑りについて詳しい解説がある

    関連記事
    スポンサーリンク

    当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Evernoteに保存Evernoteに保存

    フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

    push7 feedly
    スポンサーリンク

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です