静岡駅南口のルノワール像は、1億2900万円

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_2357

静岡駅南口ロータリーにある、二つのブロンズ像。実はこれ、ルノワール作の本物だって知ってました?合計1億2900万円だそうです。

静岡駅前のルノワール彫刻、有効活用を 市監査指摘

世界に14体しかない一級品だそうです。私は美術品の価値については詳しくは知りませんが、こんな貴重なものが、南口に放置されていたとは…。見物しに行ってきました。

DSC_2359

バス停はよく利用しています。まさか、その目の前に貴重な美術品が展示されていたとは!

DSC_2363

DSC_2360

洗濯する女。1917年の作品です。

DSC_2356

DSC_2358

こちらは、勝利のヴィーナス。1914年の作品。

確かに、ルノワール作と書いてありました。何年かかってもよいので、累積の経済効果が一億円を超えるように、もっとアピールすべきだと思いました。

静岡市はお客さんが来ても、連れて行く名所が場所が少ないです。国宝になった久能山東照宮などを中心とした観光マップがあると便利かな。

静岡駅に来られた際は、ぜひルノワールを見学していってください!

今日のわかった

駿府城公園の、お城再建の案もあるそうです。静岡市はシンボル的な建物がないので、予算が許せばアリかもしれません。この不景気では当分は無理でしょうけど。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です