木の枝が凍りつき、幻想的な光景に

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

木の枝がアイスキャンディーのように凍りついてしまうことがあります。

幻想的な光景です。しかし、人々の生活に大きな支障をきたすこともあるようです。

休日に、長野県の小海リエックスへ、スキーに行ってきました。

森は真っ白!樹氷の様ですが、これまで見たことがある樹氷とは感じが違いました。

よく見ると、木の枝が、アイスキャンディーのように凍っているのです。初めて見ました。

こちらは、これでもかというくらいに、つららができていました。

調べてみると、「雨氷」という現象のようです。水は安定化にあるとき、氷点下でも凍らない性質があります。氷点下に過冷却された雨のことを、雨氷と呼ばれるそうです。

雨粒が落ちてきて、地面などへの衝突をきっかけに不安定になり、一瞬にして凍りつきます。今回の木の枝の氷も、雨氷が降ってできたようです。

多くの木の枝や幹が折れていました。枝の氷の重さに耐えられず、倒れてしまったのだと思います。

同じ日に、同じ長野県の山形村が、多くの倒木で道が塞がれて孤立してしまったというニュースを見ました。「山形村で通行止めになった道には、凍りついた木の枝が無数に落ちています」という記者さんのレポートがありました。私がスキー場で見た雨氷が原因でしょう。

雪による倒木で通行止め、長野県内の孤立状態解消

現在は孤立が解消されたということで良かったです。自然の美しさと厳しさを感じることができました。

動画レポートも作ってみました。

今日のわかった

木々だけでなく、リフトも完全に凍りついていました。氷の椅子に座っているようで寒かったです。

小海リエックスは滑るには十分な雪がありましたが、暖冬の影響か、例年に比べて少なかったです。今回の雨氷も暖冬と関係がありそうです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です