成長とは、8割の利益を上げる「2割の仕事」を探し続けることである

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Concentration

「成長する」とは、「8割の利益を上げている2割の仕事を見つけ、注力する」ことです。「なりたい自分」を明らかにして、すべての行動のベクトルを、目指す姿に向けられるかが勝負です。

フォーカル・ポイント

自分にとって大切なものにパワーを集中する。聞けば当たり前の話ですが、実践するとなかなか難しいです。自分を成長させていく上では、避けては通れない考え方です。余分なものをすべて払いのけて、「本当に自分がなりたいもの、やりたいこと」を、一度じっくり考えてみてください。

P1050489.JPG

スポンサーリンク

選択と集中

あなたも、すべての仕事の成果をお金に換算してみてほしい。

効率のいい上位20パーセントの仕事が、すべての仕事の80パーセント以上の価値を生み出しているはずだ。

有名なパレートの法則です。この法則は入れ子構造になっていて、重要な20%だけ抽出しても、その中で再び20:80の法則が成り立ちます。我々は常に「20%とはなにか」を見つけ出し、他をアウトソーシングすることを繰り返して、大きな富と満足を勝ち取ることができます。

この法則によれば、ごく限られた人だけが成功を勝ち得るように見えます。そうではありません。自分にとっては80%の仕事が、他の人にとっては価値のある20%の仕事になるからです。人は各々、得手不得手があります。適材適所で効率化していくことで、各々の生産性を上げていくことができるのです。

では、生産性を高めるにはどうしたらいいだろう。

まず「緊急かつ重要な仕事」を終わらせることに全力を注ごう。そのつぎに「重要だが緊急ではない仕事」に神経を集中させよう。

そして、緊急でも重要でもない仕事は先に延ばしたり、中止したり、他人にまかせたりすればいいのだ。

一番厄介な仕事が「重要でないけれど緊急な仕事」です。メールの返信や電話などは、ダラダラ時間をかけてしまいます。時間を区切ってまとめて処理してしまいましょう。いま、自分が何を生産しているのかを、常に自問自答する癖をつけるのです。


Concentration / LetTheCardsFall

本当にやりたいことはなにか?

「魔法の杖をひと振りすれば、どんな人生でも、どんなものでも手に入るとしよう。さあ、あなたは何を手に入れたいだろう?」

「余命六ヶ月だと知らされたら、あなたは何をするだろう?」

フォーカルポイントとは、「なりたい自分の姿」を明確にすることです。自分のすべての行動のベクトルを「なりたい自分」になるために向けます。目指す究極な人生とはどんなものかを考えてみてください。

「有り余るお金を稼いで、悠々自適の生活を送る」

誰もが最初に思いつく究極の姿です。本当に自分が求めている姿でしょうか?世の中の多くの成功者さん達は、多くの富を築いた後でも、いつまでも現役でビジネスや社会活動を行っています。

豊富な富は「結果」です。常に何かに挑戦していて、多くの人から賞賛を浴びる姿こそが、なりたい究極の姿ではないでしょうか。恥ずかしがらずに認めてしまいましょう。余命半年と言われたら、誰も本気でお金のことは考えなくなります。自分が手がけている活動を出来る限り大きくして、自分の亡き後も引き継いでもらえるよう、自分の生きた証を残そうとするのではないでしょうか。それが、自分の「ミッション・使命」です。

行動を目的化してしまうと、何をしても疲れます。それに対して、「ミッション」に沿って行動していれば、何をしても疲れることはありません。例えば、太陽光パネルの訪問営業を仕事にする際、営業をすることが目的になってしまうと疲れてしまいます。それに対して、「化石エネルギーの利用量を減らして、地球温暖化を防止する」というミッションの元で、太陽光パネルの訪問営業をすれば、疲れにくいのです。

人生はそう長くはありません。今しているコトは、本当にあなたがやりたいことですか?もし毎日の仕事・勉強に疲れを感じるのであれば、もう一度自分の「ミッション」を考えてみると良いでしょう。今の状況を作っているのは、結局はあなたの思考の結果なのです。


Family Walk / Michael 1952

プライベートと健康を大切にせよ

家庭生活で大切なのは「長生きすること」と「ごく近い将来に死ぬこと」の、ふたつの考えのバランスを保つことだ。

この異なるふたつの考えを同時に持っていると、人とのつきあいかたによりよい変化が生まれる。

精神のバランスを保ち、一番近い人とよりよい関係を築けるようになるだろう。

自分や家族が病気になったり、夫婦喧嘩をして改めて気がつくことは、プライベートの安定こそが、すべての生産性の源であるということです。生活の基本の具合が悪いと、何をしても能率が上がりません。

体重増加には気を配り、睡眠時間はしっかりとる。タバコは止めて、お酒は控えめに。対話をする時間、家族と過ごす時間の確保を最優先でスケジュールを立てましょう。不測の事態は起きてしまうものですので、気にする必要はありません。日々意識し続けて生活することです。きっと、習慣化して望む理想の姿に近づいていくでしょう。


Concentration on the task at hand / greatlettuce

なりえる最高の人物になれ

ゲーテは「もっと何かを手に入れたければ、まずはもっと自分を磨かなければならない」と書いている。

つまり、外の世界で多くのことを達成するためには、自分自身の内面を成長させることに力をそそがなければならない。

あなた自身が成長すれば、たとえ今どんな状態であっても、あなたが設定したどんなゴールにも到達できる。

あなたより先に他人がどうやってそれを成し遂げたかを学び、そして、かれらがすでに切り開いてきた道をたどればよいのだ。

世の中には、まったくゼロから新しい概念を考え出せる人は、アインシュタインぐらいの人しか居ないのです。「斬新」とか「画期的」と言われてる商品やサービスは、既存のモノを改良したものがほとんどです。

「学ぶ」という言葉は「真似ぶ」から来ているという説があります。上手くやっている人の行動を真似ることは、世の中の必勝法です。「真似たところでオリジナルにならないからダメだ」とか考えている人は、大きな勘違いをしています。創造するとは、既存のモノに何を新しく積み上げることができるかです。

自分が目指したい人を見つけて、その人を徹底的に調べて、可能であれば会いに行って、どんな行動をすればよいのかを把握し、実践しながら自分を成長させていく方法こそが、実は「なりたい姿」になる最も有効な方法であるということを、覚えておいてください。

今日のわかった

例えば当ブログも一年前は500PV/日くらいでした。人気ブログが何を行っているかを徹底的に研究して真似をした結果、平均1万PV/日くらいまで増加しました。勝間和代さんも自著をベストセラーにするために、アマゾンランキングをいかに上げるかを徹底して研究したそうです。

先人の道を研究して、まずは同じことを愚直にやってみることが大切だということを知りました。

本書はたちさんのブログを読んで知りました。ありがとうございます!

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です