ベビーカー A型B型比較

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ベビーカーは、大きく分けてA型とB型があります。

各々一長一短があります。販売店で実際に見たり押したりして選んだ方が良いでしょう。

●A型⇔B型比較
いわゆる「A型」と呼ばれるベビーカーは、首が座る前から利用できます。



【画像提供 赤すぐnet】

背もたれを水平近くにセットできるからです。

手で押すバーの部分の向きを切り替えることで、対面と背面に切り替えることができます。乳母車のように、赤ちゃんの顔を見ながら、ベビーカーを押すことができます。

ただし、この仕組みが一長一短なのかなと。

切り替えする仕組みの部分が弱く、ベビーカーを押すと「ギシギシ」した感じになります。

ハンドルの部分も低めで、取り回しがしづらいのです。

それに対し、B型ベビーカーは、前向きオンリーで稼動部がないため強度があります。



【画像提供 赤すぐnet】

ハンドル部が高めで、片手でも操作しやすいです。

ただし、背もたれが大きく倒れないため、首が座らないと利用できません。

あとはデザインですね。

A型は全体的に丸みを帯びたデザインなのに対し、B型は角型といいましょうか。

これは好みが分かれるところかもしれません。

まとめると、

A型 B型
向き切替 ×
月齢 0ヶ月~ 4ヶ月~(※)
強度 弱い 強い
取り回し性 まあまあ 良い
デザイン 丸型 角型

※0ヶ月から利用できるタイプもある。かなり大きい。

首が座る前にベビーカーを利用したい方は、必然的にA型になりますね。

コンパクトサイズのものや、自立するタイプのものなどがあります。

あと、タイヤの大きなバギータイプは、じゃり道とかを通る際に便利だそうです。

利用シーンを色々想像してから選んだ方が良いですね。

スポンサーリンク

我が家は?

我が家が購入したベビーカーは、「マクラーレン・クエスト」

B型で、4ヶ月(首が座ってから)から利用できるタイプです。

選んだ理由は…。うーん、かっこよいからですかね♪

今日のわかった

マクラーレンクエストについては、別途詳しく紹介します。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です