読書2014

スポンサーリンク
スポーツ上達方法

上達したいなら、練習を始める前に「上達のコツ」を学べ

やみくもに練習しても、上達できません。上達にはセオリーがあります。 上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書) 科学的に証明された「正しい努力」の仕方を知っておくことは、練習より大切です。
読書2014

イヌが教える「お金持ち」になるための知恵

お金持ちになるための王道は「ビジネスで成功して利益を投資でさらに増やす」です。一代で財を築いた方々のほとんどが、紆余曲折はあるにしても、基本はこのシンプルな道に沿って成功してきたはずです。 イヌが教えるお金持ちになるための知恵...
読書2014

日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則を学ぶ

3年前の2011年に、自分の小さな「箱」から脱出する方法という本に出会いました。本書は私の生き方を変えるくらいインパクトのある本で、2011年のベスト本に選びました。 このたび、「箱の法則」を学べる新しい本が出版されました。 ...
読書2014

悲しいけど「男はお金が9割」はかなり正しい

身も蓋もない強烈なタイトルの本です。 男はお金が9割 内容のすべてに賛同できたわけではありません。お金はないよりはあったほうが、健康で健全な人生を送れるのは明らかです。 共感した部分だけメモしておきます。
読書2014

トップ1%のサッカー選手に学ぶ成功哲学

有名なスポーツ選手の言葉は本質を突いています。スポーツだけでなく、ビジネスなど世の中全体でも通用するものが多いと感じてます。 トップ1%のサッカー選手に学ぶ成功哲学 天性と呼ばれる才能も、多くの思考の繰り返しが下支えして...
読書2014

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話を読んで

聖徳太子を「せいとくたこ」と読んでいた、偏差値30の高校生ギャルが、一年半で現役で慶応大学に合格した。 信じられないような話が世の中にはあるのです。 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 ...
読書2014

好きなことだけをして生活できる環境が整ってきている

お金を稼ぐということは、何かを我慢した対価にお金をもらうということでしょうか? そうではないですよね。得意なこと好きなことで実力を十分に発揮した方が、仕事のクオリティが上がり、より良いサービスができます。 サラリーマンだ...
読書2014

自分の商売があっというまに消失しても生き残れる企業は存在する

写真フイルム市場は2000年をピークに、10年後には1/10まで落ち込みました。 富士フイルムは社名の通り、写真フイルム事業から多くの利益を稼ぎだしてきた企業です。一気に本業が消失してしまい、ライバルの米コダックは破産してしま...
読書2014

簡単にダイエットをしたいなら「白米」を減らす

お茶碗のご飯一杯と、500mlロング缶のビール。どちらがカロリーが高いかご存知でしょうか? 炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書) 日本食はヘルシーだと言われています。ところが、白米はものすご...
読書2014

ビジネスは「王道」を進め

プロボクサーが引退して、今度はビジネスの世界で活躍していくストーリー。大きなビジネスをゼロから作り上げていく過程を学ぶことができます。全12巻を一気に読んでしまいました。 マネーの拳 1 (ビッグコミックス) 株式を公開...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました