チャレンジ富士五湖ウルトラ100km完走しました

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

13941780461_cec6c22b1b_z

こんな紙切れ一枚をもらうために、100kmを走ってきました。

多くの人は変人だと思うかもしれません。100kmを自分の力で走りきった感動は、言葉では言い尽くせないものがありました。ゴールでは感極まり、自然と涙がこぼれました。

家族、仲間、大会関係者と沿道のみなさん。そして100km先のゴールを一緒に目指したすべてのランナーに感謝します。

この日は終日小雨混じりの天候。山中湖へ向かう138号線では0℃の表示も。去年は更に寒くて土砂降りだったということでした。同じ日に走ったかすみがうらも寒かったな。個人的には暑いよりも寒い方が好きなので、コンディション的には満足でした。

レースプランはセーフティーに。7分/kmで刻んでいって、後半40kmのフルマラソンを走るために、前半の60kmはウォーミングアップくらいのつもりで走ることに。

先月末から体調を崩していて、2週間前から恐る恐る家の周りの走り始めたぐらいで、予定していたロング走もできませんでした。ほぼぶっつけ本番となってしまったため、まずは完走を目標に走りました。

IMG_9341

早朝5時にスタート!

スローで入ったのに、フルマラソンの癖で、エイドでジュースをガブガブ飲んでしまい、前半だけで5回くらいトイレに。そのうち一回はコンビニで大をしました。水分のとりすぎで大を誘発したみたいです。

ウルトラの場合ペースが遅い上に、寒いとさらに発汗が減ります。エイドは結構なタイムロスになるので、2回に1回くらいでも良いと思いました。後半はエイドを何度か飛ばすようにして、トイレは1回で済みました。

今回は一般道の歩道を走るため、信号機が赤だと止まる必要があります。ペースがのっている時のストップは、意外とこたえます。その場で足踏みしていると、スムーズに再スタートできます。

チャレンジ富士五湖のコースは、湖岸はフラットですが、湖の間の道は坂道が多いです。細々としたアップダウンも多く、脚を消耗します。特にゴール前の200m/3km上り坂は罰ゲームです。事前に坂道トレーニングを入れておくと、自信がつくと思いました。

IMG_9345

道中は桜が満開。標高が高い富士五湖は、この時期が見頃なんですね。心が癒やされました。

60kmまでは我慢の走り。おかげ様で足元は健在。仲間たちの私設エイドで豚汁と元気をもらって、徐々にペースを上げていく。

いきなり下りで調子よく降りたのは良かったのですが、本栖湖への道は意外と登っていて脚を消耗してしまいました。ペースアップするタイミングをもう少し遅らせれば、もっと違った展開になったと思います。

70-80kmは比較的フラットだったのに、ペースが全く上がらず。8”30/kmまでラップが落ちました。長年悩んできたふくらはぎの攣りは起きませんでした。その代わり太腿全体が重かった。しかし、腿の筋肉が攣ることは無いので、安心して走れました。去年の秋から取り組んできたフォーム矯正が実を結んだと確信しました。

80kmで50kmぶりくらいにトイレへ。後半はこの一回きりです。一気に体が軽くなった感じで、スピードアップ。7”30/kmまでペースが戻りました。

残り10kmになって一安心。しかし、ここからは上り坂の連続。しかも街中なので、赤信号に3回連続ギリギリでひっかかる。9分/kmまでペースが落ちてしまうと、12時間台が達成できない。

ふとそこで、ショッツのカフェイン入りジェルを思い出しました。残り9km付近で摂取。コーヒーの香りが口の中に充満して、一気に元気に。ラスト3kmの坂道もほとんどのランナーが歩いている中、走り登りました。ネガティブスプリットの本領発揮!

競技場の中に入ると、自分の名前がアナウンスされました。そして、エントリー時に書いた熱意も読み上げてくれました。

100kmの旅は自分の限界への挑戦。会心の笑顔とガッツポーズでゴール。

IMG_9349

ゴール後はすぐにスタッフからタオルとメダルを渡され、計測ダグを取ってくれました。そして感極まって自然と涙が落ちました。帰ってこれてよかった

今回のレースでは、エイドや信号以外は一度も歩きませんでした。記録は平凡ですが、そこだけは自分を褒めてあげたいです。

▼▼▼▼

来年の出場は白紙です。両足が棒のようになっていて、普通に歩くことも困難な状況です。

DSC_9853

秋までレースは予定していません。まずは脚をしっかり休ませて、夏は楽しいトレランをメインにトレーニングしようと考えています。腿や体幹を使う新フォームで走って鍛えれば、違ってくるはずです。

辛い100kmでしたが、終わってみれば楽しい100kmでした!

IMG_9358

アーリーエントリーで貰った大会Tシャツ。

「超変人であれ」

ウルトラに出場する人は変人ではなく、超変人だそうです^^ ※本当は「超走人」と書いてありますが、読み間違えました。

スポンサーリンク

【ラップ】

10km 1:09:49
20km 1:12:19
30km 1:14:36
40km 1:17:50
50km 1:13:45
60km 1:24:56
70km 1:11:59
80km 1:24:02
90km 1:20:41
Finish 1:18:24

Time 12:48:21

【天候】

最低気温 0.2℃
最高気温 9.1℃
降水量 7.5℃
平均風速 2.1m/s

24th チャレンジ富士五湖

今日のわかった

レース後2日経つと、富士五湖を走っていたのがずいぶん前のことのように感じます。

もう少し平坦なコースの100kmウルトラはないですかね^^

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です