カテゴリークラウド(Category&cloud)

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日紹介した「ツリークラウド(Tree&cloud)」ですが、タグクラウド好きの方もいるかなと思い、ツリー表示をなくしたものも作ってみました。

c_cloud.jpg

現在、当サイトのトップページ以外のページでテスト中です。

アフィリエイト
レビューブロガーを目指せ

うーん。意外とこっちでも良いかも♪

+++カテゴリクラウドの作り方(Movabletypeのみです)+++

1)プラグイン:CatLevel(私の自作です)をダウンロードし、MTをインストールしてあるサーバーのフォルダ 「/mtフォルダ/plugins/」 にアップロードします。

2)Tree&Cloudを表示させたい場所に、下記コードをコピーします。

<MTIfArchiveTypeEnabled archive_type=”Category”>
<div class=”side-out”><div class=”side-in”>
<div class=”side-title”><p>記事カテゴリ</p></div>
<div class=”side-body”>
<MTTopLevelCategories>
<MTIfNonZero tag=”MTCategoryCount”>
<a class=”tag_<$MTCatLevel restrict=”1″ $>” href=”<$MTCategoryArchiveLink$>”><MTCategoryLabel pmhc=”” ></a><font color=”#777777″>(<$MTCategoryCount$>)</font>
<MTElse>
<font color=”#777777″><MTCategoryLabel pmhc=”” >(<$MTCategoryCount$>)</font></MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse>
</MTTopLevelCategories>

3)スタイルシートに次の記述を追加します。

.tag_1 {text-decoration:none;font-size: 110%;color: #aaaaaa;}
.tag_2 {text-decoration:none;font-size: 110%;color: #555555;}
.tag_3 {text-decoration:none;font-size: 135%;color: #555555;}
.tag_4 {text-decoration:none;font-size: 145%;color: #555555;}
.tag_5 {text-decoration:none;font-size: 160%;color: #000000;}
.tag_6 {text-decoration:none;font-size: 175%;color: #000000;font-weight:bold}

※<$MTCatLevel restrict="1" $>が、各カテゴリのエントリー数に応じたレベルを表示し、スタイルを呼び出します。

デフォルトではエントリー数が12件以上だと、最大レベルになります。もっと数を大きくしたければ、<$MTCatLevel restrict="1" $>の中のアトリビュートの設定「restrict=”1″」を例えば「restrict=”2″」にすれば、最大レベルが12×2=24件となり、他のレベルも調整されます。

4)再構築すれば、終了です。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です