スモールビジネス

スポンサーリンク
スモールビジネス

ネットマーケティングが大きく変化した先にある、アフィリエイト・ビジネスの展望

収益源をアフィリエイト広告に頼るネットでサービスやサイトの運営者は多いと思います。 しかし、もし、アフィリエイトに大幅な規制がかかってしまったら、収益は大幅に減少してしまいます。そういったリスクを想像したことはありますでしょう...
スモールビジネス

売れる販促企画とキャッチコピーを教えてくれるカレンダー 商売をしている人にお勧め

我が家のトイレに貼ってあるカレンダーです。 売れる販促企画&キャッチコピーカレンダー 経営コンサルタントの竹内謙礼さんが作ったカレンダーです。商売をされている方にお勧めです。
スモールビジネス

「3年で会社が潰れる時代」で生き残るために必要なこと

高度成長期には会社の寿命は30年と言われていましたが、最近はどんどん縮まって、IT企業などは「寿命は3年」になってきているという話を聞きました。 半分ジョークではあるのですが、このままいくと本当にそうなってしまう可能性は十分に...
スモールビジネス

これからの時代は「え?」と思うことが仕事になる 新しい起業の方法

大企業に入って平均以上の年収で働き続けることができれば、現代社会では勝ち組でしょう。大企業とはいえ、競争は激しいです。理不尽な業務命令を受けることもあるでしょう。それなりのリターンを得るには、それ相応のリスクや苦悩を背負う必要があり...
スモールビジネス

誰でもマスメディアに負けない情報発信力を持てる時代

ソーシャルメディアの登場により、個人でも強力な情報発信力を持てるようになりました。大きな組織に属しなくても、東京に住んでいなくても、どこの誰でもで面白いことができる環境ができつつあります。 これからは、やりたいことがあれば「ど...
スモールビジネス

顧客のためにではなく「顧客の立場」で考える重要性 変わりゆくネットマーケティングで生き残る

セブン&アイ・ホールディングスの鈴木会長の著書、鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」―セブン‐イレブン式脱常識の仕事術は、ビジネスマン必読の名著だと思っていて、定期的に読み直しています。 「顧客のために」と「顧客の立場で」と...
スモールビジネス

日々の生活をネタにマネタイズする「永久機関」的な生活は可能か?

日々の生活自体をマネタイズできれば、ある意味「永久機関」になるのではないかと、ふと思いました。 生活することで生活する。 不思議な感じがしますが、そういう生活している人は実際に存在します。生活の様子をブログで紹介すること...
スモールビジネス

ウェブサービスやアプリは誰にでも作れるけど、作ったあとはどうするの?

ネット上では毎日たくさんのウェブサービスやアプリがリリースされてます。時間をかけて作った開発者肝入りのサービスの数多くが、多くの人に使われることなく、ひっそりと消えていきます。 ヒットしたサービスでも、長くは続きません。 ...
スモールビジネス

授業の一環で高校生が運営するネットショップが年商2,800万円

静岡市にある城南静岡高等学校。授業の一環で高校生が運営しているオンラインショッピングモールが、年商2,800万円もあるそうです。ローカルTV番組「静岡発そこ知り」2013.05.27の放映で紹介されていました。 まなびや ...
スモールビジネス

アマゾン・アソシエイト料率ダウンの中、なるべく多くの報酬を得る方法

2013年6月より、アマゾン・アソシエイトの料率が変更になります。 改訂となるカテゴリおよび新紹介料率は下記の通りです: PCソフト(ダウンロード商品を除く)/ おもちゃ(ホビー含む): 固定2%(1商品1個の売上に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました