YTS(吉田町to静岡市)32km 勝手レース

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

用事があって吉田町へ。前からやってみたかった「静岡市までジョグで帰る」にチャレンジしてみました。

途中はトレイルへ。高草山(501m)へ登り、満観峰(470m)、丸子富士(450m)とピークを踏んで、朝鮮岩経由で安倍川駅方面へ降りてくるコース。全長約32kmを走破。

下山してから足が攣ってしばらく歩いちゃいました。5時間弱で無事完走できました。

スポンサーリンク

吉田IC近くからスタート

この日は吉田町へ散髪へ。理容の白石さんは、静岡県に住み始めてから20年ちかくお世話になっています。

高速バスで向かい、吉田IC下車して、床屋さんへ。帰りは車窓から見えるこの山々を縦走してきます。

サッパリ髪を切ってもらって、スタート!いい天気です。

富士見橋を渡って、国道150線をまっすぐ進みます。150号バイパスへ入って、さかなセンターの脇の道を行き、登山口である林叟院の手前のセブン-イレブンに到着。

14時過ぎにスタートして、この時点で15時を過ぎています。日没が気になって、慌ててしまい、500mlのアクエリアスしか購入できませんでした。ハイドレーションのパックに入れて、残っていた水と合わせて800mlくらい。

後から思えば、1Lを購入すべきでした。

林叟院からトレイルへ

高草山への登山口である林叟院へ到着。15:41。あじさいが綺麗でした。

安倍川方面は山陰になるので、17:30には下山したい。ギリギリだなーと思いつつ、トレイルへ。

高草山まで標高を一気に上げていきます。15km走ってきたので、足は十分に温まっていて、快適に登れました。途中何回か、峠走をする農道に出ました。

高草山へは16:09に到着。30分弱かかりました。

先を急ぐため、すぐに満観峰方面のトレイルへ。下り基調で気持ちの良いトレイルです。吉田から走ってきたご褒美のように感じました。

満観峰への到着が16:45くらい。この区間は飛ばしました。頂上で女性2人組がくつろいでいて、しばし歓談。吉田町から走ってきたと言ったら、ビックリされました。

先を急ぎます。丸子富士はトラバースしようかと思いましたが、せっかくなのでピークへ。このあたりからちょっと疲れを感じ始めました。

丸子富士から長い

丸子富士からは、朝鮮岩を目指します。しかし、意外とこの区間が長いのです。アップダウンも結構多くて、足がだんだん上がらなくなってきます。何度か、岩や木の根っ子につま先をが激突して、少しペースを落としました。

日が落ちてきて、だんだん暗くなってきたけど、最悪ライトを持っているので、ケガだけはしないよう気をつけました。

朝鮮岩に着いたのは、17:34。満観峰から50分くらい。時間がかかりました。遠かった><

下山後足攣った

満観峰からは急な下り。疲れた足に、荷重が容赦なしにかかってきます。キツイキツイ! けど、良いトレーニングになっているはずです。

17:54に下山。街中に戻ってきました。ちょうど水も切れました。家まではまだ7kmあります。ハムストリングとふくらはぎが攣ってしまって、走れない。しばらくトコトコ歩きました。

のどが渇いて、お腹も空いてきました。自動販売機かコンビニがないかなーと歩いていたら、美容院さんの軒先に自動販売機が!しかも、オロナミンCのペットボトル版のようなドリンクを発見し、迷わず購入。生き返りました。

失敗したのは、炭酸飲料なので、持って走れないこと。しょうがないので、丸子の商店街をラッパ飲みしながら歩くことに。

静岡大橋のたもとあたりで、ようやく体力が復活してきたので、帰りのロードをゆっくり走りました。

勝手レースが面白い

バス停などをスタート&ゴールにしたコースを作って、勝手レースをするのも面白いと思いました。

ぜひ吉田IC入口→静岡IC入口のYTS勝手レースにチャレンジしてみてください!

今日のわかった

今度は焼津アルプスコンプリート(焼津駅→かんぽの宿→花沢山→高草山→満観峰→丸子富士→朝鮮岩→安倍川)とかチャレンジしたいです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です