柴又100k 2019 レース戦略

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今週末の柴又100kに出場します。目標はズバリ「サブ10」

3年ぶりにサブ10を達成して、年間グランドスラムに王手をかけたいです。

スポンサーリンク

今回は不安だらけの出場

実は私、ウルトラ100kmには過去4回出場しているのですが、チャレンジ富士五湖以外のレースに出場したことがないのです。

他のレースは勝手がわからず、不安です。

特に、補給とトイレですね。この2つをスムーズに行わないと、サブ10は難しい。

それと、柴又100kの気候。チャレ富士は4月の開催で、標高が高いので、気温は10℃台がほとんど。対して柴又は5月開催。現時点で最高気温は24℃。

気温が上がると、脱水しやすくなります。去年のチャレ富士は27℃まで上昇して、後半完全にバテました。

補給をしっかり取る

とにかく初めてのコースなので、補給をしっかり取ることを徹底します。約2.5kmおきの給水ではコップ2杯。

フルマラソン時の給水量を計算する方法 で計算すると、サブフォーペースで24℃、体重65kgだと、1時間に660ccの発汗量となります。コップ1杯100ccあるかどうかなので、しっかり飲んでおかないと、脱水します。

10kmおきにメダリストと、ジェルを補給します。

ジェルは重要です。糖分を取らないと、炭水化物を摂取しても燃えないので。液体なので、胃への負担も小さいです。ただ、終盤はちょっと飽きてくる。

第11エイドにアミノバイタルのジェルが置いてあることと、47kmでドロップバックを置けるので、携帯するジェルは2-3本にしようと考えています。軽いほうが有利なので。

そして、7番と16番エイドのおにぎりをしっかり食べる。余裕があれば、19番エイド(ドロップバック)でのうどんを食べたいです。

ペース

過去と同じように、60kmまでは5分30秒/kmで貯金を作り、後半は6分/kmで粘ります。

気温が高いのが気がかりです。前半は5分40秒-50秒まで、ペースを落とすかもしれません。

暑さ対策

ウェアが悩むところです。気温が上がるということで、フルマラソンと同じウェアにしようと考えています。

ノースリーブとランパンの組み合わせです。

ゲーターを装着するか。悩みどころです。

日差しが強い場合は、帽子はシェード付きのランニングサンキャップにしようと考えています。今回急遽購入しました。

「二等兵」と呼ばれようと、背には変えられない!

スタート地点までのアクセス

常磐線の綾瀬に宿をとりました。

当日は4:50発の電車に乗って、5:15には柴又駅に着く予定です。

多少トラブルがあっても、6:40のスタートには間に合うでしょう。

※レース後追記します。

マラソン本を出版しました。フルマラソン、ウルトラマラソン、富士登山競走がテーマです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です