実績・信頼から、スピード勝負の世の中へ「3年で資産1億円」の築き方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ビジネスの成功方法は、時代によって変化しています。

これまでは、時間を味方につけて、信用を築いて…。という考え方が主流でしたが、今はクラウドファンディングなどの普及により、資金を短時間で集められたりと、アイデアを短時間でお金に変えられる仕組みができつつあります。

「3年で資産1億円」の築き方

100年人生においては、長い時間をかけて、堅実に資産を構築いかないといけません。

しかし、人生は長いです。多少はリスクを取っても取り返せる。むしろ取っていかないと、時代の変化に対応できなくなる可能性があります。

スピード感を持つことも大切です。

スポンサーリンク

投資の必勝法

先日「NISA口座を利用したドルコスト平均法投資」という記事を書きました。向こう10年くらいかけて、NISA口座の枠をフル活用して、2,500万円ほどの資産を作ろうという話です。

2,500万円の資産があれば、年利5%なら年間125万円の収益を得られます。再投資を10年続ければ、4,000万円になります。

つまり、投資は元手が大きいほど、利幅が大きくなるのです。

短時間でキャッシュを得る

上記の私が考えた方法では、1億円の資産を作るには、35年ほどかかってしまいます。3年で作るためには「元手を大きくする」必要があります。

短時間で投資用のお金を手に入れるには、ビジネスを興して成功するのが近道です。

しかし、1-2年でビジネスを成功させて、数千万円の利益を得るのは、かなり難しい話です。

ビジネスの売却

そこで、本書が提案しているのは「バイアウト」。ビジネスを売却することです。

先日もCASHという中古品換金アプリを、DMM.comが70億円で買収したというニュースがありました。CASHがスタートアップして、たった2ヶ月です。

大手企業の多くは、成熟期に入っています。次の時代の利益源を常に探していて、アイデアレベルのビジネスでも、積極的にM&Aをするのだそうです。

ビジネスを立ち上げる際は、出口戦略として「売却」という選択肢も考慮に入れておくと、大きなチャンスをつかめるかもしれません。

▼▼▼▼

本書は、起業の方法だけでなく、投資の手法や戦略や、お金持ちの生活習慣などについても書かれています。

出版元である、サンライズパブリッシングさんから献本して頂きました。ありがとうございました。

今日のわかった

Webサービスやアプリはアイデア勝負。

私自身は、プログラミングはできますが、高度な技術を知っているわけではありません。

今後新しいサービスを作って、ユーザーが増えて将来性があるようなら、優秀な技術者や安定した資本のある会社へ、バイアウトしてしまうのは有効だと思います。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です