世の中の成功法則は「やる」と「やめる」しかない

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

世の中の成功法則の要点は「やる」ということです。そうですよね。何も行動を起こさなければ、なにも始まりません。

我々は動く歩道を逆走しているようなものです。立ち止まっていては、現状維持どころか、後退していってしまいます。

しかし、「やる」は難しい作業です。そこで「やめる」ことから始めてみてはいかがでしょうか?

「やめる」も能動的な行動の1つです。「やめる」と「やらない・できない」はまったく違います。

スポンサーリンク

「やる」ことは難しい

毎日同じ生活を繰り返している限り、成功が訪れることはありません。変化が無い限り、ずっと同じままです。

今まで何も起きなかったのですから、同じ生活を続けていたら、将来も何も起きません。

現状に不満で、より良い人生にしたいと思うのであれば、自分から行動して、変化を起こす必要があります。口先だけではダメです。実際に行動しないと、何も始まりません。

しかし、新しいことを始めるには、多くのエネルギーが必要です。我々の1日の生活のサイクルは、ほぼ決まっています。スケジュールがぎっしり詰まっています。

「やめる」ことから始める

既存の生活を変えずに、新しいことを始めようとするなら、睡眠時間を削らないといけません。しかし、睡眠時間を減らすと、一日のパフォーマンスが悪くなります。

成功しよう頑張って、結果的に自分のパフォーマンスが落ちてしまったら、本末転倒です。

世の中の成功法則の要点は「やる」ということです。しかし「やる」のはかなり難しい。そこで「やめる」ことから始めてみてはいかがでしょうか?

一日は24時間しかありません。新しいことを始めるには、代わりに何かをやめないと時間的に不可能なのです。

「やめる」も行動

「やめる」は行動の一つです。「できない、やらない」とはまったく異なります。「やめる」は、劇的に生活を変えることができる、パワフルな手法です。現状の生活サイクルの中で、無駄だったり非効率なものをピックアップしてみましょう。

タバコ、飲酒、テレビ、スマフォ、ソーシャルメディア、ゲーム……。時間泥棒の生活習慣の、どれか一つをやめてみましょう。時間がぽっかり空きます。

空いた時間には自然と良い習慣が入ってきます。読書をしたり、軽い運動すると、ワクワクしてきます。自分を変えていく自信につながります。

▼▼▼▼

私はタバコをやめてジョギングを、テレビをやめてブログを始めました。

毎日続けた結果、マラソンのベストタイムは3時間10分58秒。ブログは多くの人に読んでもらえるようになりました。

「やめる力」のパワフルさを実感しています。

今日のわかった

「やめる」ってネガティブなイメージがあったのですが、「できない、やらない」とはまったく違いますよね。

すごく能動的な行動だということに気がついてから、自分を変える効果的な方法だと考えるようになりました。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です