サッカーボールの空気の入れ方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_2829

サッカーボールの空気が抜けてきてしまいました。使っていると、少しずつ空気が漏れていくようです。ずっと気になっていました。同じように困っている人意外と多いのでは?

先日、ある商品をみつけて、簡単に空気を入れることができました。

IMG_2822

ボール専用のコンパクトな空気入れを購入しました。1,000円以下で購入できます。収納しやすいですし、持ち運びにも便利です。

IMG_2826

付属の空気針をチューブの先に取り付けて、

IMG_2827

ボールにある空気穴に差し込みます。

IMG_2828

固いですが、ぐっと押しこめばスコっと中に入ります。

あとは空気を入れるだけ。このエアーポンプは、押す&引く時どちらも空気が入るので、楽ちんです。

本当は空気圧計で規定の圧力に調整すべきものですが、手で押した感触で判断すれば十分でしょう。

一家に一つ置いておくと便利です。

▼▼▼▼

空気針だけなら100円くらいで購入できます。自転車用の空気入れの先に付けば、それでも良いと思います。以前は我が家も自転車の空気入れを利用していましたが、今利用している空気入れには、空気針が取り付けられなかったのです。

もし空気の抜けたサッカーボールがあれば、空気を入れなおして、週末は子供とサッカーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみに写真のボールは、ゼロプライスプロジェクトで頂いたボールです。ありがたく利用させて頂いています。(汚くてすみません)

今日のわかった

初めて子供たちをサッカースクールのお試しに入れてみました。いきなりボールが腹に入ったりして散々でした。

静岡っ子ですから、サッカーが好きになってほしいです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です