SANYOの炊飯ジャーおどり炊きを購入

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ホームベーカリーに続いて、炊飯ジャーも新調しました。

SANYOの炊飯ジャー「おどり炊き」を購入しました。

私が購入した炊飯ジャーは、ミドルクラスの「ECJ-JK10」

ハイエンドモデルと機能はほぼ一緒です。大きな違いは、内釜の材質。

ハイエンドモデルが「純銅仕込み5層厚釜3.5mm」なのに大して、ミドルクラスモデルは「銅コート5層厚釜3.5mm」

この差だけで、値段が3万円から6万円へ値上がります。

当初は一番良いモデルを買おうと意気込んでいました。

けど、内釜のコートの差だけで3万円分か!と考えると、急にトーンが下がってしまい、結局ミドルクラスのジャーを購入したわけです。

スポンサーリンク

おどり炊きとは?

SANYOが特許を持っている炊飯方法です。

圧力の上下を繰り返すことで、内釜のお米を踊るように攪拌沸騰させることができます。


詳しくはSANYOのホームページで

実際のお味は??

炊飯が始まると、「プシュー」という蒸気圧が抜けるような音が何度かします。

圧力炊飯ジャーの独特な音ですね。

炊き上がったご飯を食べてみると……、こ、これは!

今まで家で食べていたご飯はなんだったんだろうと思うくらいに、美味しかったです。

これまで使っていた炊飯ジャーは、結婚したときに買い揃えた、おそらく数千円の一番安いものだったと思います。

一番の違いは、お米の粒が「立っている」ことです。舌触りがすごく良いんですよ。

これからは、美味しいご飯が食べられると思うと、ちょっとウキウキしてきます。

今日のわかった

毎日利用する電化製品は、ちょっと奮発してでも良いものを購入したほうが、生活が潤うと思いました。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です