ケルン~フランクフルト ビール紀行

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

この日は最終日。
フランクフルトから夜便で日本に帰るので、それまで最後の観光を。


拡大地図を表示

朝早々にホテルをチェックアウトし、ICでケルンへ。

鉄道が30分以上遅れていて、発着列車が変更になったりしたけど、なんとか到着。

遅めの朝食をケルン駅のスタバで食べた後、大聖堂へ。ケルンの大聖堂は駅前にある。

今回一番印象に残った建物。
とにかく大きい。

中もステンドグラスが華やかで印象深かった。

そのあとすぐにICEでフランクフルトへ。今回の旅の最初の街で、最終地点。
日本へのフライトは夜。それまで街を観光することに。

空港駅で降りて、空港内に荷物を預けた。
Baggage Storageという表示のある場所で、有料で預かってくれる。
市内のロッカーより安心だ。

昼食はレストランで。フランクフルト名物の「りんご酒」を頂く。
味は酸味の強いのシャンパンといったところ。美味しい。

ポテトスープとミートロール、ポテトパンケーキなど。
やっぱりドイツの料理は、舌に会うようだ。全く飽きることがない。

ゲーテ博物館を見学。
人類史上切っての天才だ。

クリスマス市を歩いたり、デパートを見たり、お土産を買ったりして、空港へ。

フライトのチェックイン待ちをしていたとき、ビジネスクラスの受付に気になる人物が。

なんと!昨日観戦したフランクフルトの稲本選手だった。

次の日からの日本代表合宿に参加するとか。
旅行の前から、我々はその事は知っていて、「もしかして一緒になるかもね」と話していたのだ。

フランクフルトでは接触するタイミングを逸した。しかし、成田空港で荷物待ちをしている稲本選手に話しかけることができた。

試合を観ましたと言ったら、嬉しそうだった。

握手をしてもらった。ありがとうございました。

+++

バッグパッカーは本当に楽しかった。

今はネットを利用すれば、日本からでも海外のホテルを予約できる。
ヨーロッパのような、鉄道が発達した地域であれば、国内旅行と同じ感覚で海外をまわれる。

今回、本当に身にしみたのは「語学力の無さ」だ。
海外旅行をする以上は、一定以上の語学力は身に着けたい。

モチベーションが高いうちにと、英語のヒアリングを始めた。

次の旅行まで、がんばろう。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です