デュッセルドルフ~デュイスブルグ ブンデスリーガ観戦 ビール紀行

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

深い歴史や、サッカー熱を十分に堪能したベルリンを離れ、ICEで一路デュッセルドルフへ。
夜は再びブンデスリーガを観戦した。


拡大地図を表示

デュッセルドルフは日本総領事館を始め、日本企業が多く進出している。在住らしき日本人が多い。

デュッセルドルフ駅にあるホテルにチェックインし、街に繰り出す。

昼食は、ラーメン屋「なにわ」へ。デュッセルドルフ在住の日本人に好評らしい。

お客の半分は日本人。けどドイツ人も何気に多い。みんな箸を機用に使って美味しそうに食べていた。
ラーメンにはうるさいつもりの私も、納得の味だった。

その後は、隣街デュイスブルグのスタジアムへ。
ブンデスリーガの試合を観戦するためだ

日本での調べにより、ベルリンの試合ほど混まないだろうとのこと。
スタジアムで当日券を購入。ホーム側のコーナー席だ。

ホームチームのMSV・デュイスブルグは、今年1部に上がってきたチーム。しかし、最下位争い中。
サポーターは熱い!

相手はフランクフルト。
そう、高原と稲本が所属しているチームだ。二人ともベンチ入りしていた。

ゲームはフランクフルトのペース。
フランクフルトが得点。フランクフルト応援席で発炎筒が。デュイスブルグとサポーターを挑発しにかかる。

デュイスブルグも大声援を背に後半から猛反撃。

しかし、そのまま1-0でフランクフルトが勝利。
稲本が後半残り10分くらいでピッチに入り、元気にプレーしていた。

夕食はデュッセルドルフのレストラン。
ソーセージとポークを頂く。いや?、飽きないなあ。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です