エコバスケットは合理的だ

物心ついたころから、スーパーに買い物に行くたびに不思議に思っていました。

「せっかくレジの人が商品を綺麗にかごに入れてくれるのだから、そのままカゴごと持って帰れれば良いのに…」

苦節25年、ようやく理不尽な思いから開放されました。

エコバスケット(スーパーのカゴ)を購入しました。

最近、スーパーでカゴが売っていることは気づいていました。

しかし、スーパーのロゴが入っているため、他のスーパーでは使いづらいなあと感じて、購入をためらっていたのです。

そうしていたら、ホームセンターでノーブランドのカゴが山積みにされて売っているのを見つけ、速攻で購入しました。

いやー、これは楽チンでしょ。

ムダにビニール袋を消費しないし、袋への移し変えの労力と時間が省けます。

これまで10年間、週二回買物に行って、3分間袋詰めに時間をかけていたとすると、

一年間は52週として、10×52×2×3=3120分

お、おい、3120分って、52時間で丸二日+4時間ってことですよ。どんだけー!

もっと早く導入しておけばよかったです。

今日のわかった

こういう話って、もっとたくさんある気がする。たとえば新聞紙やダンボールを捨てる時にヒモで縛る作業とかは、もっと簡単にできないだろうか?

便利グッズ
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました