価値のある「スタートページ」の作り方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

語学習得のため、英語で書かれたブログを努めて読むようにしている。

先日、グーグルのオフィシャルブログ’Official Google Webmaster Central Blog‘に面白い記事があった。

How to create valuable startpages

オランダでは”startup page”が一般的に利用されている。リンク集みたいなものだろう。
しかし、最近はスパムまがいのページが増えてきたみたいだ。

そこで、Googleが本記事で警告を鳴らしたというわけだ。

【価値のある「スタートページ」の作り方】の訳

1.検索エンジンのためでなく、ユーザーのために作る。すべてのテキストが見えるようにする。キーワードだけでなく、完全な文章を書く。

2.ユニークで、話題に沿ったコンテンツを配信する。話題に関連したカテゴリーを作り、その名前も関連性のあるものにする。リンクも’link1′, ‘link2’ のようなものではなく、リンク先の内容を明瞭に示すものを選ぶ。説明文をつけてもよい。

3.広告収入や、リンク交換の目的に作ってはいけない。収入を得ることは悪いことではないが、アフィリ広告だけのページは役に立たず、奨められない。自サイトと同じようなリンクを集めたサイトにリンクを貼ることは、価値を生み出すことはなく、Google Webmaster Guideにも反する。

もし、検索順位を操作するためにリンクを売買しているサイトをや、スパムサイトを見つけたら、フォームから連絡して欲しい。それらの情報を元に、アルゴリズムを改造して、検索エンジンをより良いものにしていく。

+++

こんな感じ。
特に3.のアフィリエイトサイトに関する記述は、ドキっとした。

最近のGoogleの動向が、この短い文章の中に収められている。
コンテンツ主体のページを作る事が、ネット上で活躍できる方法だということだ。

平易な英語で書かれているので、ぜひ原文に当たることをお奨めする。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です