ウルトラマラソン用GPS腕時計

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_9201

富士五湖チャレンジ2014の100kmの部に出場してきました。100kmは10時間以上かかるため、手持ちのガーミンだと途中でバッテリーが切れてしまいます。

色々悩んだ結果、ウルトラマラソンに対応しているピアンタ(Pianta) を購入。本番を走ってきました。ところが、残り3kmくらいでバッテリーが切れてしまいました。残念!

ピアンタはバッテリーが16時間持つということでした。今回のタイムは12時間48分21秒。タイム的には余裕だったのですが、気温が最低0℃と低く、最高でも10℃以下でした。もしかしたら、気温が低くてバッテリーが早く消耗してしまったのかもです。

残り20kmとかでバッテリーが切れてしまうとショックですが、今回はゴールの3kmほど手前で、ペース配分を考える必要がないところまで来ていたのでよかったです。

ピアンタは2万円以下で購入できます。動作も安定していましたし、GPSの精度も良好。心拍センサーも付いてきます。サポートもしっかりしています。フルマラソンなら余裕です。

ウルトラマラソンで電池切れを懸念するのであれば、お値段は高くなりますが、エプソンSF-710Sガーミン910XTJを選択すると良いと思います。

来年もウルトラにチャレンジしようと思っています。またピアンタをつけて走りたいと思います。今度は電池切れする前にゴールするぞ。

今日のわかった

100km完走からまだ一月ちょっとしか経ってません。ずいぶん前の出来事のように感じます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です