MT4.2インストール

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ちょっと前の話になってしまいます。Movabletype4.21をxrea(エクスリア)インストールしました。

MT3.xと比べると、メチャクチャ簡単でした。

その順序をメモ。
おそらく、最新版4.2x(2009.4時点では4.25)でも同じだと思います。

スポンサーリンク

1.ファイルの解凍&アップロード

ダウンロードページから、ファイルをダウンロードします。

tarファイルを解凍できるソフトが必要です。解凍レンジあたりで解凍できます。

解凍したファイル・フォルダを、サーバーに全てアップロードします。

私の場合は、/public_htmlの下に「mt421」という名前のフォルダを作って、「mt-4.2x-ja」フォルダ以下のファイル・フォルダを全選択して、ソフトffftpでドラッグ&ドロップでアップロードしました。

2.ファイルの属性変更

/public_html/mt421の最上武ファイルで拡張子が.cgiのもの(mt-config.cgiなど)すべてを、属性を「755」に変更します。

3.アップロードしたフォルダにブラウザからアクセス

私の場合は、http://hogehoge.s00.xrea.com/mt421/にアクセスしました。

4.各種設定

・システムチェック
おまかせでOK。問題なければ「次へ」

・データーベース
利用するデーターベースを設定する。今回はmysqlに設定した。
xreaの管理画面から読んだ、データーベース名、ユーザー名(データーベース名と同じ)、パスワード名を設定。

・メールチェック
今回はSMTPを選択。チェックには同じサーバーで利用しているドメインのメールを利用する。プロバイダなどのメルアドでは意味が無いので注意。

・アカウントの作成
お好みの設定する。

・最初のブログの設定
後で設定できるので、後回しでも良い。

・インストール
しばらく待つ。

5.管理画面にログイン

設定したパスワードなどを入力すると、管理画面に入れます。

6.ブログ設定

メニューバーの「設定」⇒「公開」で、ブログを公開するドメインやパスを設定します。

http://sample.comというドメインで公開したければ、

サイトURLは、「http://sample.com」
サイトパスはたとえば「/virtual/yourID/public_html/sample.com」

と設定します。

+++

MT3.xは、インストールが面倒だった記憶があるのですが、MT4.2xは全てソフト側で設定などをやってくれるため、すごく楽チンでした。

これからはMT4.2xを中心に、サイト運営をしていく予定です。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です