Macストレージ空き容量を一気に20GBほど増やした方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

MacBookAirを愛用しています。ストレージが120GBしかありません。普段の作業はテキストが中心なので4年間問題ありませんでした。

しかしここ最近、容量が足りなくなってきて、警告が出るようになってきました。その都度ファイルを消去していました。「いよいよ買い替えかな。256GBのMBPを買おうかな」と思っていたら、劇的にストレージ空き容量を増やす方法がありました。20GBほど余裕ができました。

その方法とは?

スポンサーリンク

MacOS Sierraをインストール

ズバリ、MacOS Sierraのインストールです。120GBギリギリだったストレージは、36GBほどの余裕ができました。Sierraをインストールするために事前に10GBほど空けたので、実質25GBくらい余裕が生まれたことになります。

理由はよくわかりませんが、とにかく新しいMac Book Proを慌てて購入する必要はなくなりました。残念!

その他にも、Sierraはストレージを管理する機能が強化されています。「このMacについて→ストレージ→管理」で、サイズが大きいファイルを確認したり、ストレージの内容を把握したり、iCloudとの連携によるストレージの最適化などを行えます。

容量不足に悩んでいるMacユーザーさんは,とりあえずSierraのインストールしてみましょう。

※私のMacでは容量が激減しましたが、他のMacでも同じように減るかどうかはわかりません。インストールは自己責任でお願いします。

今日のわかった

Macは長持ちする気がします。2012年に購入したMBAは今でも全く問題ありません。

Win機は3年もすると動作が遅く感じますけどね。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です