マラソンを速く走る方法 – 頑張るのではなく「考えて」走る重要性

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

マラソンは、力ずくで頑張ればなんとかなると考えている人は多いです。誰でも走ることはできますので。

しかし、フルマラソン42.195kmという距離を、それなりのタイムで走り切るには、ガムシャラに走るだけでは、うまくいきません。

マラソンはものすごくスキルフルなスポーツであることを、理解しているかどうかが、大きな差になってきます。

その理由とは?

スポンサーリンク

少しのズレが蓄積する

なぜならマラソンは42.195km。たった1mmのフォームのズレでも、長い距離を走る中で、ダメージが蓄積されていくからです。

マラソンは心肺能力や脚力が重要です。しかし、ランニングフォームはもっと大事です。いくら性能の高いエンジンやタイヤを装着しても、ボディがガタガタだと、力をうまく地面に伝えることはできないのと同じです。

パンクしたタイヤで走り続けたら、自動車は故障してしまいます。悪いフォームで苦しいトレーニングを続けると、悪いフォームがさらに悪くなってしまい、ケガをしやすくなります。

理想的なフォームは気持ちが良い

良いフォームは、骨格の違いなどによって、人によって微妙に差がありますが、基本的なところは共通しています。

姿勢をまっすぐにして、胸や肩を張って、骨盤を立てて走るフォームが基本です。マラソンの国際大会のトップ集団のランナーは、全員骨盤が立っています。太腿ではなく、腹筋のあたりから脚を動かしていけると、体幹を使った走りができます。

体幹を使えると、走っていると気持ちよさを感じます。脚への負担を上半身に分散できるため、故障しにくくなります。

苦痛を伴う運動は、体に無理がかかっています。痛い動作を安定して再現することは絶対にできません。絶対にケガをします。体が心地よさを感じつつ、速く楽に走れるフォームを見つけていきましょう。

ゆっくり走っても良いフォームは見つからない

理想的なフォームを見つけるには、ゆっくり走るよりも、短い距離(数百メートル)を全力で走ってみることをおすすめします。スピードを上げると体への負荷が高まります。その中で、速く楽に走れるフォームを探していくのです。

骨盤を立てると、お腹周りの筋肉を使えるようになります。脚は後輪駆動のように回せるので、ブレーキがかかりません。

フォームが見つかったら、ゆっくりジョグするときでも、フォーム維持を意識しましょう。フォームが崩れたと思ったら、スピードを上げて確認します。

スピード練習は、心肺能力や脚力の強化だけでなく、フォーム矯正にも有効です。むしろ、スピード練習はフォームを作るために行うものと考えても良いでしょう。

ただ頑張るだけでは上にいけない

仕事でも、スポーツでも、ただ頑張ればよいのなら、誰でも成功できるはずです。しかし、実際にはそうではありません。

どんな事でも、それなりに極めようと思えば、ガムシャラにやるだけでは限界があります。しっかり戦略を立ててから取り組む必要があります。

感覚と思考を繰り返して、一番スピードが出て、気持ち良い動作を探していく。情報を集め、良いと思うことは試してみる。現状に満足せずに、常に上を目指していく。究極のフォームを探しにいく。

成長すること=変わること。

人生をかけて、自分の究極のフォームを探し続けていきます。

今日のわかった

子供たちにも、頑張ることは大切だけど、考えて工夫することはもっと大事であることを教えていきたいです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です