電子書籍は誰でも簡単に作れる

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログ起業

電子書籍を作るのは、本当に簡単になりました。文章さえ書ければ、誰でもKindleで出版できます。

誰でも簡単にKindle電子書籍を出版する方法 2015年版

出版に必要な道具は、ほとんどの方が持っています。あとはやる気だけです。

いわば、書籍出版の高速道路が敷かれているということです。誰でも心配なく、出版という「出口」までたどり着けます。

スポンサーリンク

Kindle本は、誰も売ってくれない

ところが、高速道路を出てみたら、何もない。誰も住んでいない荒野が広がっていた。そんな感じです。

そう。Kindle出版は誰でもできますが、買ってくれるお客さんがいないのです。

Amazonは多くのお客さんが利用しているので、アマゾン内の検索で見つけて買ってくれることもあるはずだ、と思うかもしれません。しかし、実際はそう甘くはありません。

Kindleには多くの電子書籍が売られています。超激戦です。

検索の順位は、売上と連動しています。売れなければ、検索順位は上がってきません。検索下位だと、誰も見つけてくれません。出版しても、売っていないのと同じなのです。

つまり、自力で売りさばく力が無いと、Kindle書籍は売れないということです。

電子書籍を売る力をつける方法

自分で売る力をつけるには、どうしたらよいでしょう?

電子書籍は、インターネットからしか買えません。プロモーションはネット上が100%です。

ということは、ネット上で多くの人にメッセージを伝えられるネットメディア。ブログやソーシャルメディアなどを持つのが、一番効果的です。

私も2015年4月に、Kindleで電子書籍を出版しました。当ブログやTwitterフェイスブックで告知した結果、紙の本と合わせたIT・インターネットランキングでは1位、Kindle電子書籍総合ランキングで2位になりました。

ブログがなければ、今回のような成果を上げることはできなかったでしょう。できすぎです。

Kindle出版をしたい人は多いと思います。しかし、一生懸命書籍を執筆して出版しても、売れなければ寂しいです。出版をしたいのであれば、まずはブログを頑張って、ブログの読者さんを増やすことが重要です。

▼▼▼▼

実は、電子書籍2作目を出版しました。「ブログ起業」という本です。

新しい時代の起業を意識した内容になっています。どんなビジネスでも、ブログをメインすると上手くいくと考えています。

この本も、前著と同様にわかったブログの「スモールビジネス」「人気ブログの作り方」カテゴリーからピックアップした記事を加筆修正して作りました。はじめにと終わりに、最後の章を新しく書き下ろしてあります。

基本的にブログ指南本です。ブログを盛り上げたい方、Kindle出版を目指す方に読んで頂けると嬉しいです。

今日のわかった

電子書籍データ作成にあたっては、でんでんコンバーターさんには本当にお世話になりました。前著に引き続き、ありがとうございました。

今回も、大手出版社に提出してボツになった企画を、セルフパブリッシングしてみました。

かなりスッキリした気分です。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です