Kindle読み放題スタート 無料体験のキャンセル方法とKindle出版側の雑感

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Kindle電子書籍の読み放題サービスが始まりましたね。月額¥980で、12万冊以上の本、コミック、雑誌が読み放題となります。

まずは、30日間の無料体験に登録してみましょう。夏休みに読書三昧できますよ。スマートフォンで読めますよ。

スポンサーリンク

無料体験の解除方法

上のボタンをクリックすることで、Kindle Unlimitedの会員に登録します。これにより、Kindle Unlimitedの利用規約に同意することおよび(無料体験が適用される場合は、無料期間終了後に)Amazonがお客様のアカウントの1-Clickの支払い方法に指定されたクレジットカード又は登録されているその他のクレジットカードに、月額料金を請求することに同意したものとみなされます。会員登録は自動的に更新されますが、いつでもアカウントの設定を自動更新しない設定に変更できます。

無料体験に加入すると、一ヶ月後にはAmazonに登録されているクレジットカードから自動引落されます。それでは困るという方は、期限日前に登録を解除してしまえば、支払いは発生しません。

解除の方法は色々あります。「アカウントサービスからお客様のKindle Unlimited」をクリック。

左サイドバー下の「メンバーシップを管理」→「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックすれば、解除できます。

請求ステータスの記載の日付の前に、キャンセルを済ませてください。

Kindle本出版側として

Kindleで出版した拙書3冊も、読み放題プラン対象となっています。読み放題プランで読まれてしまうと、本が売れないので困ってしまいそうですが、印税は貰えます。ただし、読まれたページ数に対応した額になります。

当たり前のことですが、しっかり読んでもらえる本を書かないと印税が入ってこないということです。本の構造を読み放題プランに対応していく必要があると感じました。

人気ブログの作り方は、今月の月替りセール選ばれていて、実質160円で購入できます。ぜひ購入して頂きたいところですが、読み放題プランを利用しても読めます。ぜひ読んでみてください。

今日のわかった

Kindle本を出版する側としては、まだすべてを飲み込めていない部分があります。次の本は、読み放題に対応した構成にしていこう。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です