金持ちになる方法はあるけど、金持ちになって君はどうするの?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_1964

堀江氏が仮釈放されて直後に出版された本ということと、キャッチーな本のタイトルに誘われて読んでみました。

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

本人のメールマガジンで綴られた、新しいビジネスのアイデアが数多く紹介されています。

具体的な内容は本書を実際に読んでもらうことにして、今回は有料メルマガから本書の出版に至る「コンテンツビジネス」について感じたことを紹介します。

スポンサーリンク

コンテンツビジネスの勘所

本書は堀江氏の有料メルマガの内容を抜粋・編集して発行したものです。メルマガ会員数は一万人以上で、メルマガだけで年間数千万の利益となります。その内容を、書籍化してさらに利益化。今後、ネット上で無料で公開して広告で収益化することもあるかもしれません。

つまり、名を変え品を変えて、繰り返し収益化しているのです。

私が最近ハマっているアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」も、まずは映画で公開して、Bru-ray・DVDを発売、そしてテレビ放映と、収益化を計画的に行っています。繰り返し収益化する方法は、最近のコンテンツビジネスの王道なのでしょう。

プライドを捨てる・好きなことをやる

本書の中で、繰り返し「プライドを捨てる」という言葉が使われていて、印象に残りました。「世間体を気にせず、好きなことをやるのが一番」ということだと思います。

家族持ちの会社勤めのサラリーマンが、いきなり会社を辞めて、好きなことだけをやるというのは現実的に無理な話です。とはいえ、本当に好きなことがあるのであれば、日々の時間をうまくやりくりして、好きなことを頑張ることは可能です。

ブログやメルマガに限らず、最近のビジネスって、トップ1%以内に入らないと儲からないんですよね。

もちろん趣味でやるならぜんぜんいいのですけど、やっぱり99%は儲からない。

だから、なんとか自分が1%になれる分野を探さないといけないわけです。

こう言うと、けっこう大変な気がしてきますが、僕は意外と楽だと思っているんですよ。

via: P147 藤沢数希氏からの寄稿

一つの趣味でも細分化していくと、トップ1%に入れる分野があります。例えば私のジョギングの趣味でいうと、全国区では厳しいですが、静岡県内のジョギング・マラソン大会に関する活動であれば、トップ1%に入れる可能性があるかもしれません。

楽しんでいるからこそ、最新の知識が入ってきますし、新しいアイデアも考えます。法律や反社会的なものでなければ、何でも良いと思います。「仕事が趣味」と言う人も、仕事以外の楽しいことを見つけましょう。

ビジネス4原則

堀江氏が「リスクが少ない起業」として、4つの法則、

  • 小資本で始められる
  • 在庫がない(少ない)
  • 利益率が高い
  • 毎月の定期収入が確保できる

を提唱しています。有料メルマガは4つの法則に当てはまります。しかし、読者を集めるには、知名度が不可欠です。誰もがすぐに参入できる分野ではありません。

しかし、自分の好きなことで活動し、ブログやソーシャルメディアを利用してその様子を発信し続けていけば、興味を持ってくれる人が身の回りには少なくても、全国・全世界ならそれなりの数になるでしょう。ビジネスに繋がる可能性も十分にあります。

ニッチなジャンルでも、ネットを利用すれば、多くの人にアクセスできます。

「自分には無理だ」とか、失敗したくないプライドを捨てることです。心のブレーキを外し、思いっきり好きなことを楽しむことです。

会社勤めで仕事をする一方で、仕事だけではなく、楽しいことを見つけ、楽しく活動することが、人生の豊かさのベースとなり、将来的にはビジネスとなり経済的なベースとなり、リスクヘッジとなりうるのです。

今日のわかった

「プライドを捨てる」という言葉が堀江氏から出てくるところが意外で、心に粘っています。

過去の慣習に捕われたプライドは捨てて、物事をゼロベースから合理的に考えて、会う人すべてから謙虚に学ぶ姿勢が大切だと感じました。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です