iPhoneXの方は登山に要注意! 富士山山頂で「iPhoneは使用できません」となった話

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日富士山に登ってきました。

山頂に到着して「記念写真を撮ろう」と、ポケットのiPhoneX取り出すと、様子が変。

「iPhoneは使用できません」という表示が出ていて、何をやっても操作ができません。

記念写真は撮れず、泣く泣く下山しました。

スポンサーリンク

不安の下山

こんな表示です。

iPhoneは使用できませんの画像

この日はガスっていて、下山路は視界が悪い。いつもなら、スマホで自分の位置を確認したりするのですが、それもできず。

富士山は登山道が整備されてますし、案内表示もたくさん。下山客が多い時間帯だったので、無事に降りてくることができました。

帰りのバスの時間もわからなかったのですが、五合目に到着したらちょうどバスが来て、帰ることができました。

バスの中で色々試してみたのですが、まったく動かず。どこかで妻に電話しないとなと思ったものの、いまどき公衆電話ってどこにあるんだろ? と思っているうちに、妻から電話がかかってきました。外部からの電話は受信できるようです。

帰宅してから、「iPhoneは使用できません」でググってみると、今回の状況と原因がわかってきました。

iPhoneパスワード連続間違えのロック機能が発動

iPhoneにはパスワードを11回間違えると、iPhoneを初期化しないと使えないようにする機能があります。

今回、iPhoneをポケットに入れて登山しているうちに、iPhoneが勝手にログインを繰り返した結果、ロックされてしまったようです。

ジョギング中も持ち歩いているのですが、今回は時間も長いですし、動きもハードでしたからね。

でも、そう簡単にiPhoneが起動して、ログインするのかな?

iPhoneXのディスプレイタッチスリープ解除が仇に

iPhoneXには、ディスプレイをタッチすると、スリープ解除する機能があります。この機能がONになっていたのです。

汗で濡れたポケットの布などにディスプレイが触れて、何度も解除してログインしまったのでしょう。

完全にやらかしました。

データ復活の方法

iPhoneを再利用するには、初期化しないといけません。

iTunesに接続しろという表示が出てましたが、私はiTunesでバックアップは取っていなかったので。iTunes経由では復活できず。

私はiCloudでバックアップを取っていたこと。そして、幸いにもiPhoneを探すをONにしていたので、遠隔操作でiPhoneを初期化して、iCloudでデータを復活させることができました。

iCloudのバックアップは前日の夜。ほぼ同じ状態に復活できました。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。助かりました。

iPhoneのパスコードを間違えすぎた場合の復元方法

登山前に撮影した写真も、iCloud経由でバックアップされてました。あれ? Wifi経由でないとバックアップされないのでは? こちらは別途調べてみます。

対策方法

同じことを繰り返さないように、対策も調べました。

まず、タップでスリープ解除しないようにしました。こちらは簡単に設定できます。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「タップしてスリープ解除」をオフすればOKです。

次に、パスワード10回で初期化の機能もオフにしました。

「設定」→「Face IDとパスコード」→「データを消去」をオフにすればOKです。

私の富士山登山

私の場合、五合目から登るのではなく、富士吉田市役所から約10km走って一合目から登ります。

市役所から登山口まで1時間。五合目まで2時間。そこから本格的な富士山登山になり、この日は4時間47分でお鉢まで登りきりました。最高峰の剣ヶ峰までは行く余裕がなかったので、すぐに下山しました。

毎年7月末に行われる「富士登山競走」のコースです。私も今年出場するので、事前に試走したのです。

本番の制限時間は4時間30分。果たして登りきれるでしょうか?

今日のわかった

まあ、この日はガスって全く眺望がなく、つまらない日だったので。写真を撮るチャンスはなかったんですけどね。(だから山頂まで気が付かず、このような自体に)

日帰り登山だったから良かったですが、2-3泊する登山だと致命的です。もっとマズい状況でなくてよかったです。

まあ、昔はスマホなんて無かったんですけどね。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です