ゴルフ特訓 アイアン先っぽ対策

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今年に入ってから、アイアンが先っぽにしか当たらず、弱々しい打球になってしまいます。芯に当たらないのです。

ようやく治ってきたので、内容をメモしておきます。

スポンサーリンク

ダウンブローの徹底

先日、SBSレディースを観戦してきました。どの選手もトップでしっかりコックを作って、そのまま振り切っています。コックを解かず、ダウンブローで打てば、そんなに大振りしなくても、しっかり打てます。

このような三角形の板を、ボールの後ろに置いて練習しています。コックをしっかり作って、上半身の回転を利用して打たないと、板にヘッドが当たってしまいます。

右ひじを体につける

テイクバックの時に、右ひじを体にくっつけるようにします。上半身の回転と腕が同期するので、軌道が安定します。パワーも出ます。

ヒールで構える

ダウンブロー&ハンドファーストで振れるようになると、インパクト時に手元が若干体の方に近づくそうです。そのまま振ってしまうと、先っぽに当たってしまいます。まさに今悩んでいる現象です。

構えるときに、ボールをフェイス面のヒール側にセットしておくと、インパクトの時にちょうど芯に当たるようになります。この対策が一番効きました。

今日のわかった

アイアンで芯を食うと、すごく気持ちよいです。ゴルフは芯を食ってナンボですよね。

ドライバーは、昔からスライスが出やすいです。右足を引いて、ボールは左足かかとより内側にセット。横振りで振ると、ドロー系の弾道になり、ちょうどよいです。

あとはアプローチを磨きたいです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です