アイアン先っぽ対策 ゴルフ特訓

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ここ1年くらい、慢性的にアイアンが先っぽにしか当たらず、弱々しい打球になってしまいます。芯に当たらないのです。

思い切って、プロレッスンを受けてみたところ、だいぶ修正することができました。気をつけているポイントをメモします。

スポンサーリンク

腰の向きを真ん中にする

身体が歪んでいるせいか、普通に構えると、右ひざが前に出て、腰が左に回ってしまうのです。前から気になっていたのですが。指摘されてやっぱりなと思いました。

これだと最初から左に開いて構えるのと同じなので、カット打ちになってしまいます。カット打ちは先っぽに当たりやすいです。

私の場合、右ひざを伸ばすくらいの感覚だと、ちょうど腰が真ん中を向きます。

ボール近すぎる

ボールが遠いので、先っぽに当たるのかなと思い、なるべく近くで構えるようにしていました。

ところが、ボールに近すぎると、すごい内側からインサイドに振らないとボールを打てません。すると、フェースが返りにくくなったり、軌道がボールの内側になってしまい、先っぽにしか当たらなくなります。

グリップエンドとお腹の間は拳二つくらい離しましょう。

ボールの向こう側を打つ

自分の想定より内側を振るスイングになってしまってます。ボールの外側にある仮装ボールを打つ感じで振ると、ちょうど真芯を食います。

※ボールをヒール側にセットするという方法もあります。どっちが良いか試してみましょう。

体の回転を利用してダウンブロー

手首の返しが強いと、引っ掛けてしまいます。体の回転を意識して、ヘッドが遅れてくる感覚的ができると、自然とダウンブローになります。

2016年のSBSレディースを観戦してきました。どの選手もトップでしっかりコックを作って、そのまま振り切っています。コックを解かず、ダウンブローで打てば、そんなに大振りしなくても、しっかり打てます。

このような三角形の板を、ボールの後ろに置いて練習しています。コックをしっかり作って、上半身の回転を利用して打たないと、板にヘッドが当たってしまいます。

※本記事は2016/7/7にポストした記事を、2017/4/17にリライトしました。

今日のわかった

アイアンで芯を食うと、すごく気持ちよいです。ゴルフは芯を食ってナンボですよね。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です