パターを地面スレスレで打つと、芯に当たらないって知ってました?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_0370

パターがまっすぐ打てずに困っていました。どうも、パターのヘッドの芯にうまく当たっていないようなのです。

色々調べてみたら、驚くべき事実を発見してしまいました。

ゴルフは芯を食わせるスポーツです。どんなにフルスイングしても、クラブの芯に当たらなければ、方向性悪く、距離も伸びません。

パターも同じことです。パターのヘッドの芯に当たらなければ、まっすぐ打てず、距離も安定しません。

パターのヘッドをボールの後ろにセットしたら、そのまま打つわけですが、これまでは、ヘッドが地面スレスレを通過するように振っていました。

DSC_0375

ところが、よく調べてみると、地面スレスレだと、ボールの赤道にパターの芯が当たらないのです。

結構ズレてます。

DSC_0376

パターは少し地面から浮かせて振らないと、芯を食わないのです。私のパターだと10mmくらいです。

今まで、パターが気持よく打てていなかったのは、芯にあたっていなかったからです。スレスレだとダフる危険もあります。

芯に当たれば、ボールはまっすぐ、しっかりカップに向かってくれます。

DSC_0374

パターが上手く打てないという方は、手持ちのパターの芯とボールの位置関係を、一度確認してみることをオススメします。

今日のわかった

パターが芯を食うようになると、2mくらいのパットの成功率が格段に向上します。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です