クレジットカードを複数持つなら、ポイントが1円から使えるカードを選ぶ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_8448

年会費無料のクレジットカードは、何枚持っていても無料です。

無料カードといえど、ショッピング保険や旅行保険など便利な付帯サービスがあります。複数のカードを使い分けることで、有料カード以上のサービスを受けることができます。

しかし、複数カードを使い分けることで、一つだけデメリットがあります。クレジットカード支払い額に対して発生するポイントが、カードごとに分散してしまうのです。

クレジットカードのポイントは、有効期限がある上に、一定以上のポイントが貯まらないと、キャッシュバックや商品に交換できないことが多いです。

複数カードを使い分けると、ポイントが分散してしまい、ポイントが貯まらずに流れてしまうのです。

そこでお勧めなのが、「ポイントが1円から使えるクレジットカード」です。楽天カードは利用分の1%が楽天ポイントとして貰え、楽天ポイントは1pt=1円から利用することが可能です。

TポイントやPontaで貰えるクレジットカードも、1pt=1円から利用できます。P-oneカードは還元率1%で1円から自動キャッシュバック。DCMXカードも1%還元でドコモポイントとして1pt=1円から利用可能です。

リクルートカードは1.2%の高還元率。nanacoや楽天Edyなど多くの電子マネーチャージにポイントが発生する上に、今後ポイントがPontaと統合する予定ため、複数持ち用のクレジットカードとして、注目を浴びそうです。

今日のわかった

年会費無料クレジットカードは、何枚持っていてもコストはかかりません。しかし、ポイントの貯め方をしっかり考えないと、ポイントが有効に使えません。

光熱費など、月に5万円をクレジットカード払いをすれば、還元率1%で年間6,000円分のポイントを貰えます。

よく考えて、クレジットカードを使い分けるようにしましょう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です