ChromeでYoutubeが重い時の対策方法(Mac)

最近、Youtubeで動画を見ると、画質が一番低い(144p)になってしまいます。元の映像はHD画像なのに。iPhoneで観ると高画質で普通に見れるので、自宅の通信が遅いというわけではなさそうです。

ブラウザをChromeではなく、Safariにしてみたら快適に観れました。よって、Chromeが原因ということがわかりました。適切な対処をしたら、劇的に軽くなりました。

ズバリ、Chromeの再インストールです。これで一発です。劇的に変わりますよ。

動作が重いGoogle Chromeを劇的に改善する方法 Macの場合

調べてみると、Chromeブラウザの閲覧履歴データを削除したり、Adobe Flash Playerのプラグインを無効にする方法などがありましたが、根本的な解決にはなりませんでした。再インストールで一発です。

ポイントは、Chromeフォルダの削除です。これをしないと、重いデータが残ったままになってしまいます。私は500MB以上ありました。削除して再インストールすると、約80MBまで減りました。

事前に同期をしておけば、エクステンションやCookieの値は保存されますので、ご安心を。年に一度くらいは再インストールをしてスッキリしましょう。

今日のわかった

なんでもっと早くやらなかったんだろう……。自分の腰の重さが嫌になってきました。

Mac
スポンサーリンク
管理人かん吉をフォローする
わかったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました