感謝する前に実力を磨け! 低学年のスポーツ教育への私的な考え方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

子どもがサッカーをスクールで習うようになって、練習を良く見にいきます。小学1年生といえど、上手い子との実力差はすでに歴然。週2回では少ないと感じ始めています。

通っている小学校にもサッカー少年団があり、毎日練習をしているとのこと。土日は試合もあります。少年団でも良いと思うのですが、低学年のうちは、専門のスクールで技術を徹底的に磨いて欲しいと思っています。

スポンサーリンク

スポーツはすべて個人競技

わが家は、スポーツ少年団ではなく、スクールに通わせています。スポーツへの個人的な考え方として、まずは「競技の技術を徹底的に磨いて欲しい」という願いがあります。

団体スポーツでもなんでも、スポーツは突き詰めると「個人競技」だと私は考えています。まず個の技術の向上がなければ、面白くないですし、伸びないと考えているからです。

チームワークとか、サポートへの感謝とかは、もちろん大切です。しかし、それは「従」の部分です。自分がチームのために活躍できる実力がなければ、チームワークも感謝もありません。

技術の向上がないと、人間的な成長も限定的

逆に言えば、自己の技術が向上して、試合を通して周りを見れる余裕ができてきたとき、初めてチームワークの大切さ、サポートのありがたさに気がつくのです。上手くなることで、自尊心も芽生えてきます。

近所の子を見ていると、突き抜けて上手くなった子は、周りがよく見えています。人に優しく、謙虚で、礼儀正しいです。逆に発展途上の子は、「俺が私が!」みたいなところがあります。でもそれで良いと思っています。上手くなる過程では、根拠なき自信をベースにした前向きな姿勢は不可欠です。

上達の途中の子は、チームワークや周囲への感謝なんて気にする必要はありません。それよりも、1分でも多く練習して、1mmでも上手くなって欲しいです。

感謝する暇があったら上手くなれ

スポーツ少年団は、親のバックアップが前提です。週末の試合の運営や引率など、親の世話が不可欠です。しかし、だからといって、親へ感謝を強要するのは違います。親は子どもに上手くなって欲しいから参加させているのであって、感謝して欲しいからではない。

プレーが上手くいかなかった子に「感謝の心が足りない」とか言うのは、違うと思います。子どものスポーツに何を求めるのか、整理が必要です。

もちろんわが家も、将来的には子供をスポーツ少年団やクラブチームに入れるでしょう。自分のためだけにプレーするよりも、チームや他人を思いながらプレーしたほうが、自己の限界を超えられるからです。

しかし、まずは、専門のスクールでしっかり練習するのが最善だと考えています。

今日のわかった

ダブルタッチで華麗にドリブルで抜いていく我が子の姿を見るのが嬉しいです。もっと上手くなって欲しい!

そのうち、嫌でも周囲のしがらみに苦慮するようになります。今は伸び伸びやってほしい。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です