アマゾンAPI(Product Advertising API) で「楽器」カテゴリ追加

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アマゾンのオフィシャルブログによれば、アマゾンアソシエイトが、楽器ストアのサポートを開始したとのこと。

楽器ストアのサポートを開始しました!

となると、当然アマゾン API(Product Advertising API)も「楽器」カテゴリが追加されているだろうということで、調べてみました。


Hand made instrument / lrargerich

Product Advertising APIの技術資料を調べてみたら、2010/5/13に仕様の更新があってから、特に新しい更新はなさそうです。

そういう場合は、Amazon USの仕様を調べます。「楽器」のSearchIndex値は、「MusicalInstruments」でした。

APIで適当に検索してみたら、検索が通りました。SearchIndex値は、「MusicalInstruments」で良さそうです。

ちなみに楽器カテゴリのトップカテゴリはBrowseNodes=2123629051でした。

ソート値は、salesrank,price,-price,relevancerank,reviewrankのようです。これらは最近はずっと同じですね。

さっそく、私が運営している「Amazon360」へ、値を設定。

無事、「楽器カテゴリー」が表示されました。

アマゾンAPI(Product Advertising API)をご利用の方はご参考に!

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です