スマホで名刺を撮るだけで、一言一句間違わずに名刺管理できるソフト

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_8864

日に日にドンドン増えていく名刺を、物理的に管理することは難しいです。

私はEvernoteを利用して名刺管理をしていました。EvernoteのOCR機能は十分強力です。しかし、認識できないフォントがあるようで、完全とは言えません。

そこでお勧めするのが、名刺管理帳Eightです。現時点で最強の名刺管理ソフトです。

スポンサーリンク

正確なデータ化

名刺管理帳Eightの最大の利点は、取り込んだ名刺画像情報を人力でデータ化してくれることです。名刺画像情報は、ソフト管理会社に一旦送られて、人が読んで、住所や電話番号を入力してくれます。

OCRソフトがどんなに性能が向上しても、人の目にはかないません。

人力でデータ入力するとなると、利用料金が気になります。ところが、名刺管理帳Eightは利用料金は誰でも「無料」です。

名刺管理帳Eightを運営しているSansan株式会社は、企業向けのクラウド名刺管理サービスを手がけています。同じシステムを流用できるので、無料にできるとのことです。

名刺同士が自動的にリンク

取り込んだ名刺データは、Eightを利用している人同士であれば、お互いに自動的リンクされます。

自分の名刺を作り替えた場合は、新しい名刺データをポストすれば、リンク先の名刺データも更新されます。職場や役職、電話番号やメールが変わる度に名刺交換しなくても、常に新しい情報に更新されます。

フェイスブックのような「SNS」になりうる可能性があると思いました。このまま無料で続けるわけにはいかないと思うので、Eightを土台とした新しいサービスにも期待してます。

今後の希望

名刺管理帳Eightを信用していないわけでは無いのですが、Eightのサービスが突然終わってしまうことも考えられるわけです。貴重な知人の情報を一社に預けるのは、ちょっと怖い気がします。

ぜひEvernoteへの同時取り込み機能が欲しいです。Evernote⇔Eightのデータ転送でも構いません。バックアップできる機能があると安心です。

名刺管理帳Eight

今日のわかった

当ブログのEvernoteによる名刺管理の記事を読んでくれて、先日、Sansan株式会社の社長さんとお話する機会がありました。

Evernoteとの連携の要望は伝えました。名刺管理帳Eightの今後の躍進に期待します!

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です