サブ10目指すも及ばず。チャレンジ富士五湖25th 100km

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

チャレンジ富士五湖 ゴール

今年もチャレンジ富士五湖100kmの部に参加してきました。あわよくばサブ10(10時間以内ゴール)を目指していたのですが、途中の坂で心が折れてしまいました。タイムは10時間42分11秒

なんとかサブ11は達成できました。プライベートベストを2時間以上更新!

大会関係者、ボランティア、沿道の応援、サポートしてくれた知人、そして、一緒にゴールを目指したランナー全員に感謝します。

今年も無事完走できました!

荷物預け&スタートの北麓公園には3:30に到着。荷物と、56km地点に送るドロップバックを預けて、そのままトイレの列へ。意外と時間がかかってしまい、スタートゲートには5分前くらいに入りました。かなり後ろの方になってしまいました。ロスは44秒。

スタートは4:30。今年は4:30、4:45、5:00の三段階ウェーブスタート。真っ暗の空の向こうがほんの少しだけ明るくなっていました。ライトは要らないかな。

チャレンジ富士五湖のルーツでもある間寛平さんとハイタッチをして、長い一日のスタートです。

▼▼▼▼

まずは長い下り坂。今回のコースは河口湖へ向かう際、この道を逆に登ります。30km過ぎからこんな坂を登るのか。先は長いと思い、スピードをセーブして下りました。

山中湖への道の気温は0℃。トイレに行きたくなり、山中湖手前のガソリンスタンドのトイレに入りました。混んでいて、3-4分のロス。すぐ先の山中湖の湖畔にはキャパの大きなトイレがあったので、そこまで我慢すればよかったです。

今回トイレは3-4回入りました。山中湖を抜けてからと、西湖の終わり? もう一回行ったかどうかは覚えてません。トイレは混んでいて、1-3分のロスは覚悟しないとです。明け方は水分摂取を抑えたので、最小限のトイレピットインで走れました。

ずっと体が重い感じがしていて、スタートから、意識してラップを維持してきました。山中湖の最後の方、25kmくらいからようやく体の重さが抜けて、リラックスして走れるようになりました。

しかし、それもつかの間……。スタート直後に下った坂を逆に北麓公園に向かって登りはじめると、結構キツイ。体が拒否反応を起こして、ペースをセーブ。7分半くらいまで落ちました。登り切ると今度は長い下り。この坂はゴール前の最後の地獄坂。去年の記憶が蘇ります。当然今年も最後に登ります。

登り降りをセーブしたつもりが、かなり足を消耗してしまいました。実は坂道って、ペースを上げても落としても、消耗度はあまり変わらないのではないか?と自問自答。坂が終わると、今度は信号続きの街中。なかなかペースが上がりません。

45kmの地点で、前半つくった貯金を一気に使い果たして借金を作ってしまいました。サブ10狙いだと、10km一時間なので、簡単に計算できます。ここでサブ10への心が折れてしまいました。

それでも後半巻き返せるかなと、地道に走り続けて、ようやく50kmくらいからペースを作れるようになってきました。しかし、一度作った借金はなかなか減りません><

56kmの西浜小のエイドでドロップバッグを受け取りました。サプリとジェルを補充に戸惑ってしまい、5分以上のロス。もっと整理して入れておけば良かった。日差しがでて暑さを感じていたので、Tシャツとアンダーシャツを脱ぎ、薄いdry-fitのTシャツに着替えました。

エイドで大幅なロスをして、60km地点での借金が9分36秒。これはもう挽回できる数字ではないです。モチベーションダウン。雨もぱらついてきて、着替えを恨む。結果的には雨は限定的で、着替えて正解でした。

サブ10を狙うには、エイドのロスを最小限にすべきだと感じました。エイドで給食をとると、かなりの時間ロスになります。補給は手持ちのジェルで済ませて、エイドでは水分だけもらい走りながら飲む。道から奥まったところにあるエイドには寄らないなどの工夫が必要かなと思いました。

60-80kmはペースが6分30秒がやっと。今思えば、サボってました。もっとペースを上げれました。そうしているうちに、足がどんどん重くなり、前から痛めていた右足の内くるぶしから足裏にかけて痛みが出てきてしまいました。万事休す。

このままズルズル落ちたら10時間台もできず、11時間台になってしまう。サブ10は無理だったけど、将来につなぐため10時間台は達成したいと思っていました。

そこでふと、ロキソニンの存在を思い出しました。お守りがわりにポーチに入れておいたのです。後学のために飲んでみようと75kmで摂取しました。

飲んだ直後は特に変化ありませんでしたが、80kmくらいから少しずつ足の重さが抜けてペースが上がりました。残り20kmで脳がゴールを意識し始めたこともあったと思います。残り20kmは本レースで一番楽しい区間となりました。

沿道の応援には本当に感謝です。ウルトラは孤独な時間が長いので、本当に嬉しいんです。知り合いも応援に来てくれていて、力を貰えました。

レース中に二人のランナーが「わかったブログの人ですよね」と声をかけてくれました。ウェアに「かん吉」と書いてあるので。嬉しかったです。(後半はウェアを着替えてしまった)

残り10kmを過ぎて、更にペースアップ。街中では去年は3回連続信号にひっかかりましたが、今回は遠目からよく観察して、上手くタイミングをとって抜けれました。

残り5kmのエイドを過ぎると、チャレンジ富士五湖最後にして最大の難関、3kmで200mの標高差を登る坂に入ります。ここで、取っておきのジェルを投入。ショッツのカプチーノです。

こいつを最後の坂で使うために、前日からレース中もずっとカフェイン断ちしてきました。コーラもチョコレートも我慢してきました。

カフェインパワーで一気に足が軽くなり、一気に坂を登り切りました。

登り坂の途中で、岩本能史さんがチームの応援をしていました。「岩本さんだ!本読んでます!」と声をかけさせてもらったら、応えてくれました。私は岩本のメソッドを全面的に信用して導入しているので、会えてすごく嬉しかったです。きつい坂の途中だったので、力貰えました!

ラスト2kmの下りを駆け下りて、ゴールのある競技場内へ。今回サポートしてくれた知人夫妻の姿を見つけ、気持ちが溢れてきてしまい呼吸困難に。本当にありがとう。

ゴール前では、ランナーの名前とエントリー時に書いたコメントを読み上げてくれます。「限界に挑戦し、人生の自信にしたい!」

喜びを全面に表そうと、よくわからないガッツポーズでゴール!!

去年もそうでしたが、ゴール直後は我慢していた気持ちが一気に溢れだして、涙がこぼれおちました。確かにタイムも重要ですが、本当はこの瞬間を再び経験したいために、100km走ってきたんですよね。

大会関係者、ボランティア、沿道の応援、サポートしてくれた知人、そして、一緒にゴールを目指したランナー全員に感謝します。

▼▼▼▼

ウルトラは距離が長いので、色々なことが起きます。一つづつ向き合って対応したり、折り合いをつけたりします。足が痛いとか、お腹が空いたとか。子供かよ!って感じなんですけどね

それでも、去年のように疲労困憊でゴールという感じではなく、少し余裕を持ってゴールできました。ウルトラ100kmは何が起きるかわかりません。どうしてもセーフティーな走りになってしまいます。

不完全燃焼の感は残りましたが、それもウルトラなのかなと。足が終わってしまったら、ウルトラはそこで終わってしまいます。次回出場することがあれば、もっとギリギリを突いてみたいです。

今シーズンのレースはこれで終了です。両足がガタガタなので、しばらくは休足しながら、今シーズンの反省をして、来シーズンに向けての作戦を考えたいと思っています。

チャレンジ富士五湖25th Tシャツ

チャレンジ富士五湖25th メダル

チャレンジ富士五湖25th フィニッシャータオル

今回の参加賞。どれもカッコイイ!!

【ラップ】

0-5km 29″39 5″56/km 6″44-24-5″36-31-24
5-10km 31″30 6″16/km 6″08-28-5″36-6″24-47
10-15km 31″25 6″17/km 5″55-51-40-8″24-5″35
15-20km 29″55 5″59/km 5″35-44-39-40-6″35
20-25km 28″57 5″47/km 5″35-42-6″00-5″56-44
25-30km 28″37 5″43/km 5″39-43-56-52-27
30-35km 30″53 6″10/km 5″32-6″19-5″48-6″47-27
35-40km 33″13 6″38/km 5″51-6″32-7″11-27-6″12
40-45km 30″23 6″04/km 5″39-5″44-44-6″48-28
45-50km 30″21 6″04/km 6″23-07-5″52-6″12-5″47
50-55km 30″29 6″05/km 5″59-59-6″19-04-08
55-60km 37″56 7″35/km 6″11-12″40-6″31-31-03
60-65km 36″15 7″15/km 6″36-51-7″56-52-00
65-70km 33″45 6″45/km 6″15-32-7″59-6″27-32
70-75km 33″30 6″42/km 6″07-11-7″08-6″28-7″36
75-80km 31″54 6″22/km 7″11-6″44-36-7″51-6″32
80-85km 33″07 6″37/km 6″44-40-23-16-7″04
85-90km 31″13 6″14/km 5″48-6″23-23-00-39
90-95km 29″22 5″52/km 6″04-5″52-6″11-16-5″59
95-Goal 35″48 7″09/km 6″44-7″11-6″36-15″17

0-10km 1’00″52 6″05/km
10-20km 1’01″03 6″06/km
20-40km 2’01″59 6″05/km
40-60km 2’09″36 6″28/km
60-80km 2’21″16 7″03/km
80-90km 1’04″34 6″27/km
90-100km 1’02″50 6″17/km

今日のわかった

今年は明け方から昼前までは雲が少なかったので、常に富士山が綺麗に見えました。桜も残っていました。きれいな景色に癒やされました。iPhoneを持って行かなかったので、写真はないです。

朝は寒かったですが日中は14-16℃くらいで、ベストコンディションだったと思います。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です