ハーフマラソン(20km)を試走

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日、マラソンのトレーニング方法について知人と激論となった。

論より証拠ということで20kmを走ってみた。

※走ってあとに気がついたけど、ハーフって21.0975kmなのだとか。

20kmではないみたい。けど、そこまで細かい距離は計れないので、今回は20kmでOkとしておこう。

場所は大井川河川敷のリバティ

コースに距離が表示されているので、正確な距離を走れる。今回は、矢口橋から河口までの10kmを往復した。

なにせ20kmは未知の距離。

私はマラソンに向けて、5km、10km…と、距離を延ばしながらトレーニングする派。

いきなり長距離は怖い。

最近は10kmレースに向けて11-12kmは走っていたから、何とかなるだろうと楽観的にスタート。

結局タイムは1’41″03だった。

まずは最初ということでジョギングな感じで、一番快適なスピードでスタート。

しかし、10kmの時点で49分。

「これは25分/5kmを切れるかな?」と色気を出し始めたのがまずかった。

特に最後の1kmは背中からふくらはぎがつってきて、ギリギリだった。

これまでの人生で、足がつるという経験がほとんどなかったので、ちょっとショックを受けた。

長距離は、空気椅子をガマンするような、筋肉の持続力のようなものが必要なのだろう。

激論となった彼が言っていたことの意味が分かった気がする。

これを鍛えるには、LSDを地道に続けるしかないだろう。

あとは減量。フルマラソンをやるなら、あと5kg以上落とす必要があると思った。

+++

まあ、初めてにしては上出来だったかも。

けど、知り合いの同じ世代の女性の方は、10kmを平気で50分切ってくるからなあ。

まあ…、私の場合は、身の程をわきまえて、またいつもの通りのトレーニングを続けることにしよう。

10kmと、インターバルトレーニングを中心に。

※今日のトレーニングでの消費カロリーは1600kcal

毎日20km走ったらやったら絶対に痩せる

私が参考にしている、谷川真理さんの本

ものすごい強烈な練習メニューを、楽しく明るくさらっと書かれている。

ある意味、恐ろしい教本。

関連リンク:

iiPod直販 Apple Store(アップルストア)

楽天 iPod市場

楽天市場 マラソン・ジョギング

【ハーフマラソンでわかった!】

  • ・フルマラソンには、長時間運動し続ける、「がまんする」筋力が必要
  • ・確実にタイムを刻む。マラソンに色気はいらない。
関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です