1パック88円で買えて、ガッツリ飲める「おつまみ」になる驚愕の食材とは?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

私は静岡県に引っ越してきて十数年前になります。

「これほどコストパフォーマンスが高いツマミは、他ではありえない。しかも美味い!」と、他県の方にも自信を持ってお薦めできる静岡名産の食材が、一つだけあります。

それは……

「黒はんぺん」です。

静岡以外では、はんぺんって、白いですよね。でも、静岡県のはんぺんは黒いのです。白はんぺんの材料は白身魚なのに対して、黒はんぺんの主原料はイワシなどの青魚なので、色が黒くなるのです。

江戸時代に、若き徳川家康が、駿河湾であまりに取れすぎたイワシを保存するために考案して、指示して作らせたものが起源を言われています。

この黒はんぺん、静岡県内のスーパーならば、どこでも売ってます。10枚入りで100円以下で購入できます。

最近は静岡おでんの専門店が東京でも人気とか。静岡おでんに黒はんぺんは必須アイテムです。あの独特な黒い煮汁は、具として入っている黒はんぺんが効いているのです。

「黒はんぺん=静岡おでん」とインプットされている方はいると思いますが、他にも食べ方はあります。生のまま、わさび醤油でも食べても美味しいですし、フライパンで焼いてもグッド!

そして、私が一番美味しいと思う黒はんぺんの食べ方は、なんといっても、

「黒はんぺんフライ」

です。

作り方は、普通にパン粉をつけて揚げるだけ。火は通ってるので、衣の色だけ気をつけて揚げればOK!

黒はんぺんは青魚のすり身なので、おでんや生、焼きだと、魚くささが若干鼻につく(それが風味ではある)のですが、フライにすると、衣が吸収して絶妙なマイルド感となるのです。

しかも、煮たり焼いたりするより、黒はんぺんがふっくら仕上がります。

付け合せに千切りキャベツを添えて、味付けはとんかつソースと、からしをたっぷりかけて。がぶりつきます。

いやー、幸せだ!88円で買った食材とは思えない!ビールはドンドン進んで、あっという間に空になってしまいました。

ヘルシーだし、DHAなどの栄養素もたっぷり!

他県でも売っているのかな?

東海道新幹線で旅行or出張に行かれる方で、静岡駅に停車する電車に乗ったときは、静岡駅ホームのキヨスクで売ってますので、ぜひ食べてみてください。

生の黒はんぺん+わさび着けのセットが160円で売ってます。安(やす)!

通信販売でも売っていると思います。もし興味のある方は、探してみてくださいー!

今日のわかった

美味いし、日持ちもするので、全国でブレイクしても良い食材だと思うけどなー。下手に人気になって、値段が高騰しても困るので、まあいいけどw

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. キティ より:

    おいしそうです~。
    つまみとしてもいいけど、子供なら主食になりますね。

    食べすぎ注意!でしょうかw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です