100を切るゴルフの考え方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

P1050672.JPG

先日、静岡県の三島カントリークラブでプレーして、ベストスコア109を出せました。すべてトリプル以内で収まり、安定したプレーができました。

今後の最大の目標はスコアで100を切ることです。これから何を伸ばしていけばよいのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

まず110を切るための考え方

練習場でティーショットを徹底的に磨くことです。ティーショットがまっすぐ飛んで、そこそこ距離を稼げれば、今回のようにダブルボギー・ゴルフが可能になります。全ホールダブルボギーだと108です。

他のショットは、傾斜があったり、ラフだったりと、練習場で幾ら練習しても、結局はゴルフ場でプレーしながら学んでいく必要があります。

それに対して、ティーショットは、平らな面でティーアップして打つショットです。練習場と本番の状況がほぼ一致します。本番の練習がそのまま結果として現れます。

全18ホールのうち、ショートホール以外の14ホールはドライバーを握ることになります。ドライバーを徹底的に練習することが大切です。ティーショットで距離を稼げれば、二打目は番手の大きいクラブで振れます。番手が大きいクラブの方が簡単ですよね。二打目以降の攻略が、グッと楽になるのです。

P1050481.JPG

100切りは、ダブルボギーをボギーにしていくこと

全ホールをダブルボギーで回ると108です。ミドルホールなら3オン3パットでダブルボギーです(ロングは4オン3パット)。2オンするか、2パットすればボギーです。ボギーが増えていけば、100切のチャンスが広がります。

パターを磨くという考え方もありますが、まずは寄せのアイアンを磨きたいです。ミドルホールで2オンすればバーディーチャンスです。3オンはグリーン周りからの寄せで、ピン近くにキッチリ寄せられれば、パターが楽になります。

つまり、「次のショットをいかに楽にできるか」が、100切に必要な考え方だと思います。

P1050678.JPG

パターは感覚

パターだけは、練習しなくても誰でも打ててしまうクラブです。寄せが上手く行けば、誰でも簡単にカップに入れることができます。問題は長い距離が残ってしまった場合です。

ちょっと強めに打って、オーバーしてしまうとガッカリしてしまいがちですが、ショートしてしまうよりはマシです。なぜなら、ラインが読めるからです。オーバーしても、結果的にカップに寄れば良いのです。

自宅で練習マットを利用して、まっすぐ狙った方向に打つ練習だけは、しておいたほうが良いと思います。

今日のわかった

と、いいつつ、次回大叩きしそうな予感も…

とにかくしばらくはドライバーの安定性に磨きをかけつつ、ショートアイアンの精度を上げていきたいと思っています。週2回は練習場に通いたいです。近所にあるので。

パターは…知らん^^

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です